« 久しぶりの落語! | トップページ | お疲れじゃー。 »

2008/08/07

市馬 三三 ふたり会@湯島天神

5日。昼頃から急に空が暗くなってきて、風呂桶の底が抜けたような大雨と雷さま。「雷が鳴っている時は、パソコンつけてたら危ないんだよねー」と言いながらお仕事。1時間ほどで雨は上がったけれど、外は蒸し風呂サウナ状態。夕方にまた空が暗くなって大雨。夜は落語を聴きに行くのに大丈夫だろーかと少し不安になりました。

6時過ぎには雨も上がりました。千代田線の湯島駅に降りるのは何年ぶりだろー。本郷にある会社に勤めていたことがあって、湯島駅は毎日通勤で利用していたのだ。
会場に入る前にちょいと本堂へお参り。

  (開口一番)市朗 『湯屋番』
   三三 『かぼちゃ屋』
   市馬 『佃祭』
  (仲入り)
   市馬 『山号寺号』
   三三 『傘碁』

落語を聴くのも市馬師匠の高座も一ヶ月ぶり。緊張してしまいました(笑)。

市朗さんは9月から二つ目。早口も多少マシになってきたか。がんばれ。

市馬師は池袋演芸場から来る間に雨に降られて「濡れ大ネズミ」状態で楽屋入りしたとか。三三師が長いマクラで時間稼ぎをして『かぼちゃ屋』。あとの市馬師も言っていたけれど、最初は『唐茄子屋政談』かと思ってしまいました。
三三師の高座は三回目。まだ30代前半だったと思うけれど、本当に30代か?と不安になります。枯れたところがあって、叩けばカラカラと音がしそう。これから先、どんどん乾燥していくのかな。『傘碁』はよかったです。私好みでした。大げさな演出で笑わせるのではなくて、噺の味わいで笑いを呼ぼうという気持ちを感じました。

音声の調子が悪かったのか、お囃子のテープがうまく出なくて市馬師はお囃子なしで登場。お囃子がないと気が抜けた感じになりますなー。高座に上がったとたんにテープが鳴って、「噺家になって30年近くになりますが、高座に出た後でお囃子が鳴るのは初めて」と苦笑い。

一度聴きたいと思っていた『佃祭』でした。ところがっ。私が緊張しすぎていたのか体調が悪かったのか、いま一つ噺の中に入っていけずに終わってしまいました(泣)。今回は師匠との相性がよくなかったということで。
落語は肩に力を入れて聴いちゃいかんです(私のばあい)。勉強じゃないんだからさー。なんだか疲れてしまった。
仲入り後は着流しで登場して『山号寺号』。ふっと肩すかしをくらったようで、かえって気持ちがよかったです(^^)。わたし、好きなんだよねー、師匠のこの噺。こういうのを好きだと言ったら、怒られるのかもしれんが。先月、鈴本で聴いたときも思ったけれど、どことなく漂う古風な空気ってのが心地いいのだ。それが市馬師匠の持ってるものなんでしょーね。
なんだか猛烈に師匠の『猫の災難』を聴きたくなってしまった。

この落語会に来ていた梅薫庵さんと初めましてのご挨拶。これからもよろしく(^^)。
帰りは、以前、通勤で歩いていたいた道を辿りながら湯島駅まで。実盛坂は、もっとガタガタで汚い階段だったよーな記憶があるんだけどなー。

|

« 久しぶりの落語! | トップページ | お疲れじゃー。 »

コメント

当日はこちらからお声を掛けておきながら、簡単にしかご挨拶できず申し訳ありませんでした。
なにしろ雷雨の影響で電車が遅延しており、その日のうちに帰れるかどうかわからなかったもので。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 梅薫庵 | 2008/08/07 07:40

梅薫庵さん、こちらこそ、これからもよろしくお願いしまーす。
湯島の落語会は客席がなんとなーく固かったような。その雰囲気に私も飲まれてしまった気がします。三三師も「落語研究会じゃないんですから」とマクラで言っていましたね(^^)。

市馬師匠が出る落語会には、ちょくちょく出かけます。寄席にも行っていますので、またどこかでお会いできるでしょうね。見つけたらまた声をかけてくださいまし。

投稿: あやこ | 2008/08/10 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの落語! | トップページ | お疲れじゃー。 »