« 新橋『蛇の新』。 | トップページ | 落語を生で聴くということ。 »

2008/07/04

今朝の空

今朝の空
家を出る時は今にも雨が降り出しそうだったのに、駅まで歩いている間にどんどん蜘蛛が切れてきて、いつの間にか青空に。明け方に降った雨に濡れたアスファルトから湿気がもうもうとわき上がってきて、駅に着いた頃には汗だくのヘロヘロ。電車の中は冷房がガンガンにきいていてバテバテ。
夫から借りているiPodで小三治師匠の「船徳」を聞きながらご通勤。これがケッサクなんだなー。夏らしい噺で、気分が少しさっぱりしました。

|

« 新橋『蛇の新』。 | トップページ | 落語を生で聴くということ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新橋『蛇の新』。 | トップページ | 落語を生で聴くということ。 »