« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 成瀬巳喜男三本立て@おうち »

2008/06/15

特撰落語会@深川江戸資料館

14日。二日連続の落語会となりました。夫も一緒に。

  (開口一番)小ぞう 『金名竹』
  喬の字 『短命』
  さん喬 『心眼』
  (仲入り)
  市馬 『らくだ』
  菊之丞 『唐茄子屋政談』

聴き応えたっぷりの落語会でした。大満足。さん喬師匠がトリと思っていたら菊之丞師匠がトリでした。

まずはさん喬師匠。『心眼』でガッツリ聴かせてくれました。座頭の"梅喜"が、弟に目が見えないことをバカにされたのを悔しがってお薬師様に願を掛けます。満願の日、梅喜の眼はあきますが・・・。怖くて人間の業の深さを感じさせる、背筋がゾッとする噺でした。空気が凍り付いたもの。この噺、CDで文楽のを聴いたことがあります。だから最後を知っているんだけれど、できれば真っ白けの状態で聴きたかったなーとふと思いました。どうなるんだろう、どうなるんだろうとハラハラしたかった。

仲入りが少し長かったせいもあって、市馬師匠が高座に上がった時点で8時20分くらい。軽い噺か・・・と思っていたらマクラなしでいきなり『らくだ』でした。師匠の『らくだ』を聴くのはこれが3回目。よかった。今まで聴いた中では一番かも。さん喬、菊之丞両師匠に挟まれて、負けてなるものかという気持ちを感じたし、さん喬師匠の『心眼』に応えて、人間の心の暗い部分を取り上げた噺にしたのかなーと思いました。あらすじにしたらイヤな噺だもん(笑)。
場面がころころと変わって登場人物もいろいろ出てきて、お酒を飲んで、最後は主人公二人の立場が逆転しちゃうというヤヤコシイ噺です。全体にメリハリがあって、笑わせて、もちろんカンカンノウでは聴かせてと、グッとまとまった高座でした。初めて『らくだ』を聴いたという夫も喜んでいました。いままで、屑屋が酔っぱらうところで終わるバージョンしか聴いていないので、いつか完全版を聴いてみたいです。

トリの菊之丞師匠。真打ち3人の中では一番の若手。前の2人にこれだけやられて、どうするんだろう・・・と夫と話していたら、なんと『唐茄子屋政談』の通しでした。はー。これがまたよかったのですよ。時間が押して(9時半を過ぎたら会場の空調が切られてしまった・笑)最後は少し駆け足気味でしたが、主人公の若旦那がとてもよくて、小唄も聴かせて、暑い暑い昼下がりの様子を感じながら、じっくり聴かせてくれました。

お腹が空いたので、(だってもう10時前だし)、駅近くの居酒屋でビール飲みつつ食事をして帰りました。「たっぷり」充実の夜でした。

|

« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 成瀬巳喜男三本立て@おうち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 成瀬巳喜男三本立て@おうち »