« 今日は池袋演芸場 | トップページ | 落語週間 »

2008/06/09

寄席に行きました@池袋演芸場(昼の部)

・・・てなわけで、寄席に行きました。今回は我が家のアイドル(笑)川柳師匠がトリをとる池袋演芸場へ。市馬師匠も出るし、権太楼師匠が中トリだし、さん喬師匠も出るし・・・という魅力的な番組であります。
演目は以下のとおり。

  (開口一番)ぽっぽ 『転失気』
  落語 つくし
  漫談 ひびきわたる
  落語 志ん五 『新聞記事』
  落語 志ん駒
  漫才 笑組
  落語 さん喬 (踊り:なすかぼ)
  落語 金也 『干物箱』
  漫才 ゆめじ うたじ
  落語 権太楼 『蜘蛛駕籠』
  (仲入り)
  落語 菊志ん 『紙入れ』
  落語 市馬 『青菜』
  太神楽 翁家和楽社中
  落語 川柳 『ガーコン』

仲入りまで、お父さんに連れられた小さな子供がいて、この子がケタケタとよく笑う子で、「坊ちゃん、楽屋でも話題になっていますよ」と何度も話しかけられていました。
今日は体のぐあいが悪いと、さん喬師匠は「なすかぼ」を踊って高座をおりました(寄席の踊りもいいものです)。その後に出てきた金也師匠は大奮闘の『干物箱』。何しろさん喬師匠が落語をやらずにサッサと終わってしまったので、楽屋で「おまえ、たっぷりやれ」と言われて出てきたらしーです。権太楼師匠が話してました。その権太楼師匠は『蜘蛛駕籠』。どうってことない話しなのになー。権太楼師匠がやると、あんなに面白いのはなぜ?

「菊志ん、面白いよ」という夫の言葉に期待して聴いた菊志ん師匠は、まだ真打ちになって1年の若手ではありますが、とても楽しく聴きました。『紙入れ』は菊之丞師匠で聴いた事があります。菊之丞師匠と同じく、年増女に妙な色気があるのは、円菊一門の芸風なのかしらん。こちらも熱演。
市馬師匠は『青菜』。先月、落語会で聴きました。今回は時間の関係で短縮バージョン。短縮しすぎたところもあったよーな気がしたけれど(^^)。寄席でこういう噺が聴けると、なんだかとっても得をしたよーな気がします。
川柳師匠はもちろん『ガーコン』で。

|

« 今日は池袋演芸場 | トップページ | 落語週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は池袋演芸場 | トップページ | 落語週間 »