« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 市馬師匠の『七段目』@ビクター落語会 »

2008/04/18

雨の朝

よく降りますなー。
東京は昨日から雨。この雨はダラダラとだらしなく夜まで降り続くらしい。

今朝は、車で出かけるという義妹が駅まで送ってくれるというので、いつもより早く用意をして自宅を出ました。おかげで30分も早い電車に乗れたのに、前を走っていた電車が車両故障とかで結局30分遅れ。結局会社に着いたのはいつもと同じ時間。混み混みの車内は人いきれでいっぱい。ぬれた傘が足に当たるし、電車はのろのろ運転だし、朝からいいとこなしだ。ギュウギュウ詰めの中で、立川談春『赤めだか』読了。談春が立川談志入門して二ツ目になるまでのはなし。読みながらふと、談春は会社勤めに向いてないだろうなーと思いました。何を好きこのんで、こんな気持ちの悪い場所に1時間以上、閉じこめられていないといけないのだ!でも、私は結構こういう生活が好きであります。じゃないと20年以上、会社員をやっていられません!

結婚してから一時期、主婦業をしていた事があります。自発的にではなくて、就職活動していた間だけですが。
それまで私は主婦には向いていないと漠然と思っていましたが、その数ヶ月の間で、その思いは決定的になりました。
私にはこんな生活できん。

家事には終わりがない。洗濯しても翌日にはまた洗濯物ができているし、食事を作っても食べちゃえばおしまいだし、掃除をしてくすぐ汚れる。そういう中に楽しみを見いだせる人はいいけれど、私にとっては面白くもなんともない。そして一番つらかったのが、社会との接点がなくなってしまったこと。今日が何曜日かもわからなくなったときに、自分は根本的にだらしのない人間なのだから、仕事してメリハリをつけないといけないと、つくづく思いました。はー。
遊ぶのにはお金もいるしさー。会社勤めをしているほうが精神衛生上よろしい。

最近、落語を少し聴きに行くようになって、落語家と私とは根っこが違うんだなーと感じるようになりました。高座の向こうとこちらでは住む世界が違う。私が好きな落語家の噺を聞きにいくのは、自分とは違う世界にいる人たちが生み出す世界の中に一瞬の間だけでもひたりたいからなのだ。
お芝居も映画も美術展も同じですけどね。
だから、向こうの世界に興味はもっても、あちらに行こうとは思わない。そういう生活もまんざら悪くはないなーと、満員電車の中で思うのでありました。

|

« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 市馬師匠の『七段目』@ビクター落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市馬落語集@お江戸日本橋亭 | トップページ | 市馬師匠の『七段目』@ビクター落語会 »