« 分別ごみ | トップページ | 時そば »

2008/04/10

日曜日の池袋演芸場(夜の部)

忘れないようにメモしときます。

  (開口一番)市丸 『たぬきの札』
  落語:三之助 『浮き世床』
  落語:左吉 『たらちね』
  奇術:アサダ二世
  講談:宝井琴柳
  落語:白酒 『あくび指南』
  漫才:のいるこいる
  落語:権太楼 『火焔太鼓』
  (中入り)
  落語:菊之丞 『変わり目』
  紙きり:正楽
  落語:市馬 『妾馬』

寄席で聴く講談もいいですねー。本格的にやられたら、続きを聴きたくて翌日、また行ってしまいそーだ。

全体にぴりっと締まった感じでした。大トリがいいからでしょーか(^^)。
中トリの権太楼師匠の『火焔太鼓』、よかったです。師匠がお目当てのお客さんもたくさんいらしたようでした。 
そして市馬師匠の『妾馬』。珍しい噺のようで、夫も聴いたのは初めてだと言っていました。
途中まで笑わせて、後半は、親子、兄妹の情をグッと感じさせてくれます。涙ぐんでいる人もいました。私もうるるっとしてしまいました。

中トリ、大トリと、たっぷり。権太楼師匠の『火焔太鼓』はほんと、儲けものだったなー。大満足。

|

« 分別ごみ | トップページ | 時そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分別ごみ | トップページ | 時そば »