« 2000本安打おめでとう! | トップページ | 東山魁夷展@近代美術館 »

2008/04/12

横浜スタジアムへ行く。

金本の2000千本安打も、新井の1000本安打も、別に最初からわかっていてチケットを買ったわけではないのですけどねー。でも思い出に残る観戦となりました。ムフフ。

今日は夫と横浜スタジアムへ、阪神戦を見に行きました。やっぱ球場でみる野球は面白いですな。スポーツ観戦はなんでも生が一番だとは思うけど。
この試合は1月に亡くなった加藤博一さんの追悼試合でもありました。行ってから初めて知った次第ではありますが。試合前に追悼セレモニーがありました。

奥さまが遺影を、二人の息子さんが阪神、横浜時代のユニフォームを持ち、横浜でスーパーカートリオとして活躍した高木豊、屋鋪要両氏と共にグラウンドへ向かわれました。ホームベースの後ろには親族らしい方が十数人いらっしゃいました。加藤選手の両チームでの活躍ぶりを映像でふり返ったあと、阪神、横浜の応援団による加藤選手の応援合戦、黙とう。静かな球場内にサイレンの音が鳴り響きます。私は加藤選手の現役時代を知っている世代。にぎやかな選手だなーという印象でした。じーんとしてしまって、少し泣いてしまいました。

さて、試合。始まってすぐに新井が1000本安打達成!金本も続くか・・・と思っていたのですがダメですなー。
とにかく金本が打席に入った時の緊張感がすごい。見ている方も緊張しているし、横浜の選手も緊張しているし、金本も緊張しているし、球場全体を覆い尽くす緊張感がものすごいのです。3万人近い人が、ただ一本のヒットを待っている状態。こりゃ、打てんわ。第一打席なんて、ぼてぼてのゴロでアウトだったけれど、その間にしっかり1点入っているのですよ。でも「あー・・・」だもん。
試合は点を取ったり取られたり。残塁も多くてピリッとしたところがないまま進んでいきます。
ゲームの雰囲気ががらりと変わったのは7回。やっと金本がヒットを打ってくれましたがなー。やっと出たかーって感じ(笑)。とにかく早く打ってくれないと落ち着かないというか何というか。本当におめでとう!
テレビで見るみたいに、試合を一時中断して、花束とお祝いのボードを手にするんですね。

これで阪神も気分が変わったようで、気分良く点をとって勝ちました。代打の桧山がヒットを打ったし、久保田も球児も見られたし、まんぞくまんぞく。

それにしても球児は本当にスゴイですね。初めて見たわけではないけれど、今年の球児は出てきたときのオーラが違う。見た目はふつーの兄ちゃんなのに。ボールも生きているようで、ずっしりとした感じ。キャッチャーのミットに収まった時の音も違う。いま、私はすごい選手を目の当たりにしているんだと思いましたですよ。

|

« 2000本安打おめでとう! | トップページ | 東山魁夷展@近代美術館 »

コメント

そういえば、加藤博一さんの追悼試合でもあったんですね。
その前の月に島野コーチが亡くなって、そのあとすぐでしたから驚きました。

私は現役時代の記憶は横浜に移籍してからと、プロ野球ニュースのイメージでしたね。「珍プレー好プレー」の第1回でしたか、「第二の板東英二を目指す」とレポーター役で出演された加藤さんに、島田紳助さんが「現役選手がレポーターやってどないすんねん」と突っ込まれていたのがなぜか印象に残っています。

今日の試合、ひーやんが見れたのもよかったんじゃないですか?
最近は代打も滅多に使わない試合が多いですし、それできっちり結果を出してくるんですからねぇ。彼にはまだまだがんばって欲しいです。

写真で見る限り、あやこさん達の席はだいぶ上だと思いますが、それでも球児君のボールの勢いを感じるんですね。やっぱり凄いです。

投稿: よねちゃん | 2008/04/13 00:29

これだけ中身の濃い試合を見られたなんて、よかったですねー。私はTV観戦も最後まで見られなかったのですが、金本の記録達成の場面は運よく見ることができました。難産だっただけに、じ~んときました。

投稿: えみちゃん | 2008/04/13 09:13

金本2000本安打達成の瞬間は、みんな立ち上がって地鳴りのような歓声がわきおこりました。いやー、本当によかったです。もうこの試合はどうでもいいわーという気持ちに(一瞬ですが)なりました(^^)。

金本、球児と、今の阪神は見応えあり。また球場に行きたいです。

>>そういえば、加藤博一さんの追悼試合でもあったんですね。

映像で加藤選手の活躍ぶりをしのび、応援、黙とうと簡素な追悼セレモニーでしたが、心に響きました。

投稿: あやこ | 2008/04/13 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2000本安打おめでとう! | トップページ | 東山魁夷展@近代美術館 »