« 羊肉 | トップページ | アジフライ定食 »

2008/04/27

週末ごろごろ。

20080428_
よく寝た(笑)。
録画したままになっている映画をいくつか見て(『六人の暗殺者』なんてシブイ映画もあった)、夫がiPodに入れている落語をいくつか聴いた。市馬、志ん朝、喬太郎、仁鶴ってとこ。
一席30分くらいで、長いのになると1時間くらいあるから、3,4本聴いたら、それで1日が終わってしまいました。わはは。

市馬師匠は『ねずみ穴』も聴いたけど、まだこなれていないって感じ。私はもっと軽い『高砂や』『花筏』が面白かったです。
お正月に録画した番組の中に市馬師匠の『貴撰小僧』が入っていて得したきぶん。

発売中の小説新潮5月号は、宮脇俊三さんの特集。未発表作品の掲載もさることながら、最近はめったに書き下ろしの文章を見ることのなかった北杜夫さんのエッセイが載っているのが貴重。これは買っておかないとねー。
同時に『最長片道切符の旅』が復刊、その取材ノートも出版されましたが、なかなか本屋で見つからないのだ。宮脇さんが亡くなって、もう5年になるんですね。

|

« 羊肉 | トップページ | アジフライ定食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羊肉 | トップページ | アジフライ定食 »