« 今日の空 | トップページ | 小石川後楽園の桜 »

2008/03/30

市馬&菊之丞@ビクター落語会

金曜日の夜、市馬師匠が出るというので、ビクター落語会なるものに行ってきました。三田の仏教伝道センターという所で、一階のロビーにアンコールワット状の模型がありました。
演目は以下の通り。

  (開口一番) 市朗 「金明竹」
  市馬 「のめる」
  菊之丞 「三味線栗毛」
  (仲入り)
  菊之丞 「紙入れ」
  市馬 「三軒長屋」

菊之丞師匠はずーっと前に寄席で見た事があります。腰に煙草入れを差していたり、他の人とは違う雰囲気を醸しだしている人で、印象に残っていました。「三味線栗毛」が面白かったです。だーれも悪い人が出てこないおはなし。お芝居にもできそうな。大名の子でありながら殿様にうとまれて下屋敷で家来同然に暮らしている主人公・角太郎のさわやかな感じがよかったです。

市馬師匠の「のめる」は主人公のうっかりぶりが楽しく、「三軒長屋」は1時間に及ぶ熱演でした。鳶の親方んちのどたばたぶりがおかしくて、途中で師匠自慢の喉も聴けて、よかったです。

来月はちと市馬師匠を追いかけます・・・というか、チケット買ってたら、そうなってしまった。平日の夜は行きやすいしねー。

|

« 今日の空 | トップページ | 小石川後楽園の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の空 | トップページ | 小石川後楽園の桜 »