« 日比谷公園の桜 | トップページ | 愛宕神社の桜 »

2008/03/27

『川柳川柳喜寿記念会』@浜松町かもめ亭

金曜日の夜に夫と出かけた落語会は、川柳川柳(かわやなぎせんりゅう)師匠の喜寿記念の会です。歌舞伎座の藤十郎といい川柳師匠といい、お元気であります。おめでたい(・・・てな事は、ブラック師匠もまくらで言っていました)。
川柳師匠の他は、快楽亭ブラック、三遊亭圓丈という、神をも恐れぬ3人会でした。
演目は以下の通り。

   (開口一番)立川こはる 『真田小僧』
   ブラック 『川柳の芝浜』
   川柳 『首や』
   (中入り)
   圓丈 『夢一夜』
   川柳 『ジャズ息子』

『ガーコン』以外の川柳師匠の落語は初めて聴きました。声がいいので聴いていて気持ちよろしい。二席とも熱演で、血管切れるんじゃないかと思った。いつまでもお元気でいてほしーです。
圓丈師匠を生で聴くのは初めて。こちらも声がよろしいね。新作落語の『夢一夜』は、羽田空港のANA7番カウンターにまつわるおはなし。面白かった。最近は古典を解禁したそーで、一度たっぷり聴いてみたいです。ブラック師匠も初めてでした。3人とも適度な壊れっぷりがいいなーと思いました。
前座のこはるちゃん(女性でした)は談春の弟子だそーです。そこで「オー」と小さなどよめきがおこりました(^^)。

同じく、この落語会に来ていたK嬢と終わってから合流。久しぶりだから飲みましょーと新橋まで出て『びん』。落語談義に花が咲き、結局看板ちかくまでいて、帰ったら午前様でした。楽しかったー。

|

« 日比谷公園の桜 | トップページ | 愛宕神社の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日比谷公園の桜 | トップページ | 愛宕神社の桜 »