« 上野広小路にて。 | トップページ | 『熊谷守一展』@埼玉県立近代美術館 »

2008/02/18

鈴本演芸場に行きました。

20080217_
今年のお正月にスカパーのTBSチャンネルで落語をどーんと放送しました。暇つぶしに見ていた中に柳亭市馬師匠の『味噌蔵』がありました。これがよかったんだなー。声がいいし、とてもきちんとした落語で一気にファンになってしまったのでした。
鈴本演芸場の2月中席のトリが市馬師匠なので、夫と上野で待ち合わせて出かけました。寄席は久しぶりだなー。

いつも途中でウトウト寝てしまう事の多い寄席ですが、今回はそんなこと、ぜーんぜんありませんでした。どの噺もよかったです。それに途中で奇術や漫才、お神楽などが入って息を抜けるところも寄席のいいところでございます。お神楽、大好き。奇術も愉快ですよん。

 柳家右太楼 「牛ほめ」
 ダーク広和(奇術)
 柳家さん生 「動物園」
 橘家文左衛門 「手紙無筆」
 ロケット団(漫才)
 三遊亭歌武蔵 「無精床」
 柳家権太楼 「人形買い」
  (中入り)
 鏡味仙三郎社中(お神楽)
 柳家さん喬 「短命」
 柳家小菊(粋曲)
 柳亭市馬 「笠碁」

演目は夫に教えてもらいました(私は全然わからん)。市馬師匠の「笠碁」はシブイ噺でした。権太楼師匠の「人形買い」、さん喬師匠の「短命」も、きれいな落語で印象に残りました。
中席は20日までなので、あと一回ぐらいは見に行きたいなーと思うのでした。市馬師匠の『七段目』を聴いてみたーい。

|

« 上野広小路にて。 | トップページ | 『熊谷守一展』@埼玉県立近代美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野広小路にて。 | トップページ | 『熊谷守一展』@埼玉県立近代美術館 »