« 松島や・・・ | トップページ | 女川駅横の立ち寄り湯は・・・ »

2008/01/01

初もうで

初もうで
昼食後、瑞厳寺に行きました。本堂の中を拝観できるのですが、各部屋の立派な襖絵に感心しました。金箔も美しく、そのまま時代劇に使えそう。400年前の人達がこの廊下を歩き、藩主がここに座られたのかと想像するのが楽しいです。時間がなくて、ゆっくりできなかったのが残念。

|

« 松島や・・・ | トップページ | 女川駅横の立ち寄り湯は・・・ »

コメント

 瑞巌寺は確か伊達家の菩提寺兼、別荘的な位置づけだったと記憶しています。 豪華絢爛さは「伊達もの」転じて、「伊達男」なんて言葉も派生していますね。

投稿: しみず | 2008/01/01 20:35

しみずさま:
瑞巌寺は本当に立派なお寺でした。

>>豪華絢爛さは「伊達もの」転じて、「伊達男」なんて言葉も派生していますね。

ほんと、金ぴかなんだもん。さすが伊達藩。
お正月だからでしょうか、藩主やその家族専用の玄関が特別に見学できるようになっていました。これがまた立派。
時間がなくてゆっくり見学できなかったのが残念です。また行きたいです。

投稿: あやこ | 2008/01/02 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松島や・・・ | トップページ | 女川駅横の立ち寄り湯は・・・ »