« 湯ケ島温泉で文学散歩 | トップページ | ここはどこでせう。 »

2008/01/21

『しろばんば』を読んでます。

20080121_
←湯ヶ島小学校にて。菜の花が咲いていました。

湯ヶ島旅行はとっても楽しかったです。年に2,3度出かけている所だけれど、行くたびに新たな発見があります。湯本館のご主人による「川端さん」案内も毎回少しづつ新しいお話しが増えているし、寿司屋「大増」の燗とっくりは楽しいし、そして何と言っても「しろばんば」の文学散歩がよかった。狭い土地に歴史がぎゅうぎゅうに詰まっています。ますます湯ヶ島が好きになりました。
湯ヶ島の本屋さん(浅井光一のモデルになった方の家)では奥さまがわざわざお店を開けてくださって、貴重な資料を前にお話しを聞くことができました。そこで買った『しろばんば』をいま、読んでいます。そうなのだ。文学散歩に参加したと偉そうに書いておきながら、井上靖の本はほとんど読んだ事のない私なのでありました。スイマセン。

今日は仕事帰りに東京駅前に新しく出来た大丸へ行ってきました。夫の数珠を買いに行くのが目的。どこかで数珠をなくしてしまったのだ。お葬式や法事って、いろんなものをなくすんだよねー。挨拶したりお茶だしたり、お供えだ、お布施だ、車の手配だといううちに「おーい、早くしないと車が出るぞー」って言われて、とりあえずカバンや袋や風呂敷の中に全部放り込んでしまうので、わけがわからなくなってしまうのだ。夫の数珠もどこかに紛れ込んじゃったんだよね、きっと。
ま、そのうちどこかで買っておけばいいやと思っていたら、明日、お通夜に行く事になったので、あわてて買いに行った次第。数珠なんて初めて買ったけど、いろんな種類があるんですなー。

|

« 湯ケ島温泉で文学散歩 | トップページ | ここはどこでせう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯ケ島温泉で文学散歩 | トップページ | ここはどこでせう。 »