« 東京駅にて。 | トップページ | お相撲 »

2008/01/24

第5回「らくだ亭」@内幸町ホール

今日は(もう昨日か)雪が降りました。朝、会社に行くとき、ご近所はうっすら雪化粧。寒かったー。

さて、先週の金曜日に行ってきた「らくだ亭」なる落語会。備忘がてらにメモしておきます。

出演者と演目は以下の通り。

  (開口一番 柳家小きち「出来心」)
 ・桂吉坊「七段目」
 ・桂九雀「宿屋仇」
  (中入り)
 ・三遊亭王楽「夢金」
 ・柳亭市馬「味噌蔵」

前半は上方の、後半は東京の噺家という構成でした。大ネタが続いて、おまけにお互い張り合うような熱演で、聴き応えはありましたが、いささか疲れました。

桂吉坊はお気に入り。なかなか東京では聴く機会がありませんが。
「七段目」はお芝居狂いのお店の若旦那が主人公。大旦那に叱られるのを芝居の振りをして煙に巻いたり、二階へ行く階段で「八百屋お七」が出てきたりと、随所にお芝居のワンシーンが出てきます(元ネタがわかったら、もっと面白かったろうになぁ)。それを実にテンポよく、気持ちよくやるところがよかったです。出てくる人、みんな愛嬌があって憎めないし。

桂九雀、三遊亭王楽は初めて。桂九雀の「宿屋仇」は登場人物それぞれの個性がはっきりしていて、ややこしくなりそうな噺をうまくまとめていたし、王楽はよく勉強しているんだろーなぁという熱意を感じました。

んで、お目当ての市馬。他の3人が熱演だったので、市馬の落ち着いた話し方で、ホッと一息ついたような気がしました。やっぱ、いいなー。
落語を聴くときは組み合わせも大事だなーと思いました。

この会は定期的にやっているそうで、来月分のチケットを売っていたので、買いました。志ん五と鯉昇の二人会です。鯉昇が好きなのだ。
3月には浜松町で、なんと!川柳師匠の喜寿記念会!!ここ
圓丈とブラックが出るので、怖いモノ見たさ(聴きたさ)で、こちらもチケットを買いました。

|

« 東京駅にて。 | トップページ | お相撲 »

コメント

こんな夜中に何やってるんだろうと思いながら、
川柳川柳師匠の会のチケット思わずとってしまいました。
仕事が入らないといいんだけどなぁ。

当日、会場でお会いしましょう。
圓丈師匠を聞くためには、元気でないと辛いのよねぇ。
ブラックさんは、初めてです。

投稿: きょうこ | 2008/01/24 02:11

>>川柳川柳師匠の会のチケット思わずとってしまいました。

わはは。会場でお会いできますねー。川柳師匠は二席ぐらいやってくれるかなー。私は「ガーコン」しか聴いたことがないもんで(^^)。

ブラック師匠は私も初めてです。スカユさんは時々聴きに行っているみたいです。ブラック師匠のブログ、結構面白いですよ。

http://kairakuteiblack.blog19.fc2.com/

投稿: あやこ | 2008/01/29 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京駅にて。 | トップページ | お相撲 »