« これからお芝居 | トップページ | 誕生日プレゼント »

2008/01/15

初春大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

お正月の歌舞伎座は、なんとなく華やいだ雰囲気です。休日の歌舞伎座は実は初めて。平日と違って若い人が多かったです。私の隣席のカップルはとある会社のご招待の方でした。いいなぁ。私も招待されたいぞー。
演目は以下の通りです。

 ・猩々(しょうじょう)
 ・一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
 ・けいせい浜真砂(けいせいはまのまさご)
 ・魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)
 ・お祭り

お楽しみは『けいせい浜真砂』。チョンと 析(き)が入って浅葱幕(あさぎまく)が落ちると、そこには満開の桜に目にも鮮やかな(ド派手な)南禅寺山門。パッと場面が変わって、観客を一気にお芝居の世界に引きずり込んでしまうのが歌舞伎の演出のすごいところ。そこで「絶景かな絶景かな」とあたりを眺め回すは雀右衛門。途中で山門とまわりの風景全体がドンドンとせり上がっていく演出があるのですが、これもわかっていても実際に見ると迫力まんてん。これぞ歌舞伎って感じです。全体で10分くらいなのかしらん。アッと言う間に終わってしまう舞台ですが、まんぞくまんぞく。
雀右衛門丈、お歳を申し上げては失礼かもしれませぬが、御歳88歳。舞台姿を拝見できただけでありがたいです。いや、ほんと。

吉右衛門の『一條大蔵譚』も楽しみでした。

平清盛から常盤御前(福助)を下げ渡された一條大蔵卿(吉右衛門)は能、狂言にうつつをぬかす阿呆だという噂。常盤御前も源氏再興という気はみじんもないようで、毎日揚弓に興じています。源氏の家来・吉岡鬼次郎(梅玉)と妻お京(魁春)は、そんな常盤御前が歯がゆくてなりません。一條大蔵卿の館に忍び込んだ二人は常盤御前に詰め寄り、そこで決して平家への恨みを忘れたわけではない常盤御前の本心を知ります。それを盗み聞きしていたのは平家のスパイ・八剣勘解由(段四郎)。平家方に密告し一條大蔵卿に取って代わろうとする勘解由を斬ったのは、なんと阿呆のはずの一條大蔵卿でした・・・・

一條大蔵卿は本当の阿呆ではなかったのです。実は源氏につながる身の上。平家に荷担したくないと、若い頃からずーっと阿呆のふりをし続けてきたのでした。
呆けぶりと、きりりとした本当の姿とを交互に見せていく吉右衛門。作り阿呆の時はしょぼくれて見えるのに、真実の姿の時は、とても大きく見えるのが不思議。また阿呆も観客にイヤな感じを与えてはいけないし、高貴な人らしい上品さもないといけないし、それが本当に自然で、見終わった後で感心しました。見ているときは気が付かなかった。

聡明なるが故に阿呆のふりをし続けて、これからもずーっと自分は阿呆のふりを続けていくのだという一條大蔵卿。「仕方がない」という表情で笑う大蔵卿のなんと悲しいことか。その瞬間、福助の常盤御前がそっとたもとで涙を拭う姿を見て、常盤御前は大蔵卿の真実の姿を実は知っていたのではないかと思いました。
最後は、清盛の首もこのように・・・と勘解由の首を両手でもてあそぶ一條大蔵卿の姿で幕となります。その時の一條大蔵卿はもう阿呆に戻っていました。

聡明で愛嬌があって悲しくて。今月の吉右衛門もよかったですー。

他のお芝居&踊りもよかったけれど、『猩々』はお酒好きの神様(なのか?)が出てきてお酒を飲む楽しい楽しい(おめでたい)踊りでした。梅玉と染五郎が一緒に踊るのだけれど、梅玉の方がやわらかくて余裕があるように見えました。染五郎はピッピッと鋭い感じ。同じ踊りでも違うのですねー。脇でずーっと控えている酒売り役(人間)の松江がなんだかよくわからないけどよかったです。

|

« これからお芝居 | トップページ | 誕生日プレゼント »

コメント

はじめまして。
私は20日の昼を観劇しました。正月興行はちょっとお値段が高いですが、見応えがありますよね。
どれもよかったですが、久しぶりに雀右衛門さんを拝見して、さすがの貫禄だなぁと。たった10分でも満足でした。これからもお元気で舞台に立ち続けて頂きたいなと思いましたね。
あと大蔵卿も面白かったです。
来月は行こうか迷ってますが、関の扉は観たいかなぁと思ってます。
ではまた遊びに来ます。

投稿: 梓弓 | 2008/01/23 13:44

梓弓さん、はじめまして。
お芝居はお値段が高くて、われながら贅沢な楽しみだなーと思いますが、実際に舞台を見ると、そんな事、吹き飛んじゃいますね。現実を忘れさせてくれます。お正月興行もそんな思いで見ていました。

>>久しぶりに雀右衛門さんを拝見して、さすがの貫禄だなぁと。たった10分でも満足でした。

私もです。眼福とはこのこと。

来月の歌舞伎座は、私もどうしようか・・・と迷っているのですが、吉右衛門の「関の扉」は見てみたいし、行くなら昼の部だなーと考えているところ。仕事の様子を見ながら計画をたてることになりそうです。
今の吉右衛門は見ておかないといけない・・・という気がしています。内面の充実がにじみ出ている感じ。
5月は新橋演舞場ですよね、きっと。それなら通しで見たいなぁ・・・なぞと夢は広がる日々です。そのためにもしっかり働かなきゃ(^^)。

これからもよろしくお願いいたします。


投稿: あやこ | 2008/01/24 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これからお芝居 | トップページ | 誕生日プレゼント »