« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

きぶんてんかん。

昨日は定時に退社して寄り道。気分転換にブリヂストン美術館へ・・・と思ったらなんと展示替えで休館ではないですかー。方向転換してフィルムセンターで映画を見てきました。
今年は映画監督のマキノ雅弘の生誕100年とかで、3月までどーんと特集上映中なのだ。昨夜は鶴田浩二主演の『やくざ囃子』(1954年・東宝)でした。岡田茉莉子って芸歴長いなーと感心しつつ楽しく見ました。多少かったるいところもありますが、いかにも映画職人が撮りましたって映画。かんざしや三度笠など小物の使い方がよくて、脇役の田崎潤もいい味出してます。
フィルムセンターって500円で映画が見られるから、とーってもお得だけど、どうも学校の視聴覚室で映画を見ているようで妙な感じ。

今日で1月もおしまい。今月はスカパーで見たい映画をあまりやっていなくて、映画はほんの少ししか見ませんでした。そのかわり、TBSチャンネルでやってた落語と、歌舞伎チャンネルでお芝居をいくつか見ました。
でもやっぱり出かけてみないとダメねー。歌舞伎なんてTVで見ると途中で寝てしまいます(笑)。

2月は神保町シアターで中村登と市川崑の映画特集。ここ
新文芸座ではちゃんばら。ここ

あと、サントリー美術館でロートレック、新国立美術館で横山大観、やってるんだよねー。江戸博、出光美術館にも行きたいところではありますが。あとお芝居はどうする(^^)。

友人の結婚式と、久しぶりの東北行きもあり。
気分転換だらけの2月になりそーです・・・・仕事もどうしよう(泣)。

| | コメント (4)

2008/01/29

最近我が家で流行るもの。

20070129_
←湯ヶ島に残る「上の家」

さすがに休みなしで仕事してるとしんどいですなー。同じ出かけるにしても、土日でめーいっぱい遊んだのと仕事したのとでは疲れ方が全然違いますなー。
今日は疲れました。やっとこさ、たまっていた仕事を片づけて、スタートラインに立ったかなーというところですが、帰りしなにまた仕事の山がきた(笑)。ま、それは明日の分ってことで。

最近我が家で流行るもの。先日、湯ヶ島で「しろばんば」の文学散歩に参加して以来、我が家では井上靖がブームです。夫は「しろばんば」や「あすなろ物語」はむかーし読んだ事があると言っていたけれど、私は紀行文を何編か読んだだけ。「しろばんば」なんて、髪の毛の白い老婆が出てくる民話かと思っていた(笑)。
両親から離れて、血のつながりはない「おぬい婆さん」(曾祖父のお妾さん)にかわいがられながら土蔵で暮らす洪作少年(井上靖の分身)のお話。簡単に言えば、少年の目から見た日々の暮らし、エピソードの羅列ですが、湯ヶ島の風景、親戚や友人、集落の人たちが生き生きとしていて、まさに「瑞々しい」という言葉がぴったりの一級の少年文学です。「そうそう、こういう気持ち、わかるなぁ・・・」と子供の頃の自分自身に会っているような。面白くて、3日くらいで読んでしまいました。今はその続編である「夏草冬濤」を読んでいますが、これも面白いです。
夫は私の後から「しろばんば」を読んでいて、そろそろ読み終わりそうなので「早く『夏草冬濤』読み終わってよー」と隣りで急かします。ウルサイナー
図書館で井上靖の本を借りてきたりして、我が家はにわか井上靖ブームなのでした。

| | コメント (2)

2008/01/27

お相撲千秋楽。

木曜日の午後は、友人ご夫婦に誘っていただいて、またまたお相撲を見に両国の国技館へ行ってきました。お相撲は生で見ると本当に面白いです。私は同僚のH嬢を誘って行きました(枡席なので定員4名)。H嬢もお相撲は3回目。慣れたものでございます(^^)。

会社を出るのが少し遅れたので国技館へついたのは1時半頃。ビールと焼き鳥でまずはひと休み。そのあと、ちゃんこを食べに行きました。国技館の一角でちゃんこを一杯食べさせてくれるのです。12時と2時からの2回で一杯200円。売り切れ御免なので、知っている人は2時前から並びます。20分ほど並んで食べる事ができました。今回は味噌ちゃんこでした。おいしかったー。
席に戻ると、さっきまではガラガラだった観客席もかなり混んでいました。十枚目土俵入り、少し取り組みを見てから今度は館内を探検・・・っていってもお土産をひやかしつつ何かを買うだけなんですが。
飲み物、おつまみを買い、お手洗いもすませて準備万端。幕内土俵入り、東西両横綱の土俵入り。さぁいよいよ本腰を入れてお相撲を見ます(今までは何だったのだ?・笑)
千秋楽が近いせいもあって、どの関取も気合が入っています。見ている方も自然と力が入ります。人気力士には大きな声援がとび、特に横綱の取り組みには何とも言えない雰囲気が漂いました。いいなぁ、この感じ。
最後の弓取り式まできちんと見て(TVでは少ししか見られないからねー)、太鼓に音に送られながら二次会は4人で近くの『ポパイ』へ。ここ
おいしい地ビールにおつまみをつまみながら、おしゃべりにも花が咲き、アッと言う間に時間が過ぎてしまいました。中身の多い1日でありました。

で、大相撲の方は、千秋楽の今日、優勝をかけた横綱同士の対決になりました。やっぱり横綱が揃うのはいいなぁ。うー。楽しみ。でも私は今日もお仕事なのだ(泣)。さて、そろそろ出かけなきゃ。

| | コメント (2)

2008/01/26

おやつタイム

おやつタイム
誰もいないのでさみしいですー。不用心なので鍵しめてお仕事。一人で仕事してるとき、宅急便の兄ちゃんが入ってきて、びっくりして『きゃー!』と大声出したことがあるもんで。休日の会社は危険がいっぱい!

| | コメント (0)

2008/01/25

映画を見てきました。

映画を見てきました。
仕事帰りにのんびり映画を見ている場合じゃないんだが、一時間、二時間残業しても、それどころではないのに変わりがないので、さっさと諦めて新文芸坐へ映画を見に行きました。どうせ週末は仕事だし。
『サウンド・オブ・ミュージック』。
テレビ画面では何度も見てるのに、映画は違うなぁ。それにクリストファー・プラマーがあんなにいい男だったとは!仕事してる場合ではないですよ(笑)。
いい映画見てシアワセです。感想は気が向いたら後ほど。

| | コメント (2)

2008/01/24

本日のちゃんこ

本日のちゃんこ
今日のちゃんこは味噌ちゃんこでした。鶏肉と鶏だんご、野菜もいっぱいでとてもおいしかったです。体の中からホクホク温まりました。

| | コメント (0)

お相撲

お相撲
いいお天気になりました。
今日は午後から半休とって国技館に来ています。生で見るお相撲は面白いです。これから、ちゃんこを食べるべく並んでいまーす。

| | コメント (0)

第5回「らくだ亭」@内幸町ホール

今日は(もう昨日か)雪が降りました。朝、会社に行くとき、ご近所はうっすら雪化粧。寒かったー。

さて、先週の金曜日に行ってきた「らくだ亭」なる落語会。備忘がてらにメモしておきます。

出演者と演目は以下の通り。

  (開口一番 柳家小きち「出来心」)
 ・桂吉坊「七段目」
 ・桂九雀「宿屋仇」
  (中入り)
 ・三遊亭王楽「夢金」
 ・柳亭市馬「味噌蔵」

前半は上方の、後半は東京の噺家という構成でした。大ネタが続いて、おまけにお互い張り合うような熱演で、聴き応えはありましたが、いささか疲れました。

桂吉坊はお気に入り。なかなか東京では聴く機会がありませんが。
「七段目」はお芝居狂いのお店の若旦那が主人公。大旦那に叱られるのを芝居の振りをして煙に巻いたり、二階へ行く階段で「八百屋お七」が出てきたりと、随所にお芝居のワンシーンが出てきます(元ネタがわかったら、もっと面白かったろうになぁ)。それを実にテンポよく、気持ちよくやるところがよかったです。出てくる人、みんな愛嬌があって憎めないし。

桂九雀、三遊亭王楽は初めて。桂九雀の「宿屋仇」は登場人物それぞれの個性がはっきりしていて、ややこしくなりそうな噺をうまくまとめていたし、王楽はよく勉強しているんだろーなぁという熱意を感じました。

んで、お目当ての市馬。他の3人が熱演だったので、市馬の落ち着いた話し方で、ホッと一息ついたような気がしました。やっぱ、いいなー。
落語を聴くときは組み合わせも大事だなーと思いました。

この会は定期的にやっているそうで、来月分のチケットを売っていたので、買いました。志ん五と鯉昇の二人会です。鯉昇が好きなのだ。
3月には浜松町で、なんと!川柳師匠の喜寿記念会!!ここ
圓丈とブラックが出るので、怖いモノ見たさ(聴きたさ)で、こちらもチケットを買いました。

| | コメント (2)

2008/01/22

東京駅にて。

東京駅にて。
うとうとしているうちに東京に着いてしまいました。もうちょっと寝ていたい。
『銀河』はこの春で廃止です。この案内を見られるのもあとわずか。

| | コメント (0)

ここはどこでせう。

ここはどこでせう。
叔父が亡くなったので夕方から夫と三島へ。新幹線だと一時間で着いてしまうんだから速いですよね。これから東京に戻ります。さっき上りの500系が走り去って行きました。かっこいい!

| | コメント (0)

2008/01/21

『しろばんば』を読んでます。

20080121_
←湯ヶ島小学校にて。菜の花が咲いていました。

湯ヶ島旅行はとっても楽しかったです。年に2,3度出かけている所だけれど、行くたびに新たな発見があります。湯本館のご主人による「川端さん」案内も毎回少しづつ新しいお話しが増えているし、寿司屋「大増」の燗とっくりは楽しいし、そして何と言っても「しろばんば」の文学散歩がよかった。狭い土地に歴史がぎゅうぎゅうに詰まっています。ますます湯ヶ島が好きになりました。
湯ヶ島の本屋さん(浅井光一のモデルになった方の家)では奥さまがわざわざお店を開けてくださって、貴重な資料を前にお話しを聞くことができました。そこで買った『しろばんば』をいま、読んでいます。そうなのだ。文学散歩に参加したと偉そうに書いておきながら、井上靖の本はほとんど読んだ事のない私なのでありました。スイマセン。

今日は仕事帰りに東京駅前に新しく出来た大丸へ行ってきました。夫の数珠を買いに行くのが目的。どこかで数珠をなくしてしまったのだ。お葬式や法事って、いろんなものをなくすんだよねー。挨拶したりお茶だしたり、お供えだ、お布施だ、車の手配だといううちに「おーい、早くしないと車が出るぞー」って言われて、とりあえずカバンや袋や風呂敷の中に全部放り込んでしまうので、わけがわからなくなってしまうのだ。夫の数珠もどこかに紛れ込んじゃったんだよね、きっと。
ま、そのうちどこかで買っておけばいいやと思っていたら、明日、お通夜に行く事になったので、あわてて買いに行った次第。数珠なんて初めて買ったけど、いろんな種類があるんですなー。

| | コメント (0)

2008/01/20

湯ケ島温泉で文学散歩

湯ケ島温泉で文学散歩
湯ケ島では、いつもの湯本館に泊まりました。本当にいいお湯。この宿は川端康成が『伊豆の踊り子』を執筆した宿で、その部屋や資料が保存、展示されています。ご主人にいろいろお話を聞きました。
そのあとは、井上靖の『しろばんば』の跡を訪ねる文学散歩に参加。様々なお話を聞く事ができました。
写真は井上靖が住んでいた土蔵跡に残っているあすなろの木。『あすなろ物語』のあすなろの木です。

| | コメント (0)

2008/01/19

お風呂でしっぽり

お風呂でしっぽり
お昼ごはんはいつも行く湯ケ島の大増へ。地酒の『あらばしり』が美味。燗につけてもらったら、とっくりが湯桶に入ってきました。気持ちよさそー。
とっくりは先代の頃からあるという少しクラシックな有田焼のオリジナル。とっくりの口がへしゃげたようになっていて注ぎやすくなっています。とってもステキ。欲しいなー。
見た目の可愛さもあって、もう一本!とついつい飲みすぎてしまいました。
もちろんお造り、かさごの煮付け、お寿司と、お食事もとてもおいしかったです。

| | コメント (0)

わさびソフト

わさびソフト
友人たちと中伊豆に来ています。途中で寄った萬城の滝近くの売店で食べたわさびソフト。おばちゃんが立派なわさびをすりすりしてたっぷりのせてくれました。意外といけます。

| | コメント (0)

2008/01/18

万歩計その後。

私の誕生日へのコメント、ありがとうございます。40を過ぎると、自分の正確な年齢がわからなくなりますなー。考えないようにしているのではなくて、本当に何歳かわからないのだ。書類に年齢を書くときなぞは、いちいち頭の中で計算してます。普段はあまり年齢の事など考えませんが、友人の子供が高校生だ、大学生だという話しをきくと、一気に現実に戻されます。

昨夜は仕事帰りにまた落語。内幸町ホールで「らくだの会」という落語会があって、市馬、吉坊と、私の好きな噺家さんが出るのでちょいと出かけてきました。当日券があったので。随分と力の入った会だったので(とっても面白かったです。その話しはいずれ・・・)、7時に始まって終わったのが9時半。まっすぐ帰宅して、夕食をすませたら日付が変わってしまいました。お腹が変な感じ。

さて、少し前に書いた万歩計。飽きずに毎日つけています。歩数とカウントが合うように、何度か試し歩きをして感度を調節したので、今の歩数は現実に近いハズ。この一週間の歩数はこうでした。

 11日(金)13325歩
 12日(土)6576歩 ←国立競技場へラグビーを見に行った
 13日(日)4188歩 ←歌舞伎座に行った
 14日(月)4183歩  ←会社に行って仕事した
 15日(火)15276歩
 16日(水)13590歩
 17日(木)13123歩

14日は会社に行ったけれど、ずーっと机にへばりついて仕事をしていたので、5千歩も行きませんでした。普段は午前中で6千歩くらい。いかにバタバタ仕事をしているのかがよくわかりますなー。今の仕事をやめたら、一気に太るなぁ、きっと。

| | コメント (0)

2008/01/16

談志の落語を聴きに行きました。

昨夜は国立演芸場へ立川談志のひとり会に行きました。談志の独演会のチケットはなかなかとれないのですが、今回はKさんが行けなくなったので・・・とチケットを譲ってくださったのです。ありがとー。
しかーし。開演がなんと18:30。間に合うように行けるかなぁ。夫は最初「間に合わないかも・・・」と言っていたのですが、なんと私より先に会場に着いていました。会社の人に見つからないように、こっそり出てきたらしい(笑)。せっかくだから大ネタやってくれないかなーとちょっぴり期待。

演目は『堪忍袋』と『疝気の虫』でした。体調が悪くて声が出ないといいつつ噺に入ると、とたんに声が出るのが不思議。『堪忍袋』で針を使うところと、『疝気の虫』でお蕎麦を食べるところが、なんだかとてもよかったです。あと疝気の虫が行列つくって行進していくところもよかったなー。

客席はやけに「偉そうな人」が多かったです。大会社の社長とか取締役とか。あと俗に言う「業界の人」風の人も多かったです。芸能人とかもいたかも(今の芸能人は知らないもんで)。石原都知事も来ていました。

落語もお芝居も、見られるときに見ておくっていうのが、大事だなーと思います。その場の空気っていうのは、そこにいないと味わえないものだから。私が談志を初めて聴いたのは、結婚して間がない頃だから14,5年前だと思うけれど、浅草での独演会での『ねずみ穴』でした。これは本当にすごかった。会場内にぴゅーぴゅー木枯らしが吹くのです。談志の『ねずみ穴』。これ一つ聴けたからいいかなーって感じ。

帰宅途中にT嬢からメール。10時からNHKで玉三郎が出ますよーと教えてくれました。『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組。ストイックに真摯に舞台に向かう姿に圧倒されました。去年、歌舞伎座で見た『阿古屋』の一場面が出ました。この玉三郎は、ほんとーにきれいだったし、存在感がありました。花道で見得をきるところが忘れられない。そして衣装がすごい。豪華絢爛。重いだろうなぁ。

| | コメント (0)

誕生日プレゼント

誕生日プレゼント
今日は私のお誕生日です。夫がプレゼントを買ってきてくれました。ありがとう(笑)。

| | コメント (8)

2008/01/15

初春大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

お正月の歌舞伎座は、なんとなく華やいだ雰囲気です。休日の歌舞伎座は実は初めて。平日と違って若い人が多かったです。私の隣席のカップルはとある会社のご招待の方でした。いいなぁ。私も招待されたいぞー。
演目は以下の通りです。

 ・猩々(しょうじょう)
 ・一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
 ・けいせい浜真砂(けいせいはまのまさご)
 ・魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)
 ・お祭り

お楽しみは『けいせい浜真砂』。チョンと 析(き)が入って浅葱幕(あさぎまく)が落ちると、そこには満開の桜に目にも鮮やかな(ド派手な)南禅寺山門。パッと場面が変わって、観客を一気にお芝居の世界に引きずり込んでしまうのが歌舞伎の演出のすごいところ。そこで「絶景かな絶景かな」とあたりを眺め回すは雀右衛門。途中で山門とまわりの風景全体がドンドンとせり上がっていく演出があるのですが、これもわかっていても実際に見ると迫力まんてん。これぞ歌舞伎って感じです。全体で10分くらいなのかしらん。アッと言う間に終わってしまう舞台ですが、まんぞくまんぞく。
雀右衛門丈、お歳を申し上げては失礼かもしれませぬが、御歳88歳。舞台姿を拝見できただけでありがたいです。いや、ほんと。

吉右衛門の『一條大蔵譚』も楽しみでした。

平清盛から常盤御前(福助)を下げ渡された一條大蔵卿(吉右衛門)は能、狂言にうつつをぬかす阿呆だという噂。常盤御前も源氏再興という気はみじんもないようで、毎日揚弓に興じています。源氏の家来・吉岡鬼次郎(梅玉)と妻お京(魁春)は、そんな常盤御前が歯がゆくてなりません。一條大蔵卿の館に忍び込んだ二人は常盤御前に詰め寄り、そこで決して平家への恨みを忘れたわけではない常盤御前の本心を知ります。それを盗み聞きしていたのは平家のスパイ・八剣勘解由(段四郎)。平家方に密告し一條大蔵卿に取って代わろうとする勘解由を斬ったのは、なんと阿呆のはずの一條大蔵卿でした・・・・

一條大蔵卿は本当の阿呆ではなかったのです。実は源氏につながる身の上。平家に荷担したくないと、若い頃からずーっと阿呆のふりをし続けてきたのでした。
呆けぶりと、きりりとした本当の姿とを交互に見せていく吉右衛門。作り阿呆の時はしょぼくれて見えるのに、真実の姿の時は、とても大きく見えるのが不思議。また阿呆も観客にイヤな感じを与えてはいけないし、高貴な人らしい上品さもないといけないし、それが本当に自然で、見終わった後で感心しました。見ているときは気が付かなかった。

聡明なるが故に阿呆のふりをし続けて、これからもずーっと自分は阿呆のふりを続けていくのだという一條大蔵卿。「仕方がない」という表情で笑う大蔵卿のなんと悲しいことか。その瞬間、福助の常盤御前がそっとたもとで涙を拭う姿を見て、常盤御前は大蔵卿の真実の姿を実は知っていたのではないかと思いました。
最後は、清盛の首もこのように・・・と勘解由の首を両手でもてあそぶ一條大蔵卿の姿で幕となります。その時の一條大蔵卿はもう阿呆に戻っていました。

聡明で愛嬌があって悲しくて。今月の吉右衛門もよかったですー。

他のお芝居&踊りもよかったけれど、『猩々』はお酒好きの神様(なのか?)が出てきてお酒を飲む楽しい楽しい(おめでたい)踊りでした。梅玉と染五郎が一緒に踊るのだけれど、梅玉の方がやわらかくて余裕があるように見えました。染五郎はピッピッと鋭い感じ。同じ踊りでも違うのですねー。脇でずーっと控えている酒売り役(人間)の松江がなんだかよくわからないけどよかったです。

| | コメント (2)

2008/01/13

これからお芝居

これからお芝居
寒いですー。開場を待っているところ。外国人の姿もちらほら。お休みのせいか若い人も目につきます。おっと、扉が開きました。では行ってきまーす。

| | コメント (0)

2008/01/12

物好きな人たち

朝から冷たい雨。なんで今日に限って・・・。今日はラグビー大学選手権の決勝戦なのだ。早稲田対慶應。「早くやんでくれないかなぁ」と願いつつ、夫につきあって国立競技場へ出かけました。

夫は、

あったかシャツ→タートルネックのシャツ→プルオーバーの綿シャツ→毛のついたフリース(別名:マタギシャツ)→モコモコの上着→防水パーカー

と6枚も着こんでいます。「池田の猪買い」状態(笑)。←わからない人は落語のネタで検索してください。
寒いし雨が降っているし、こんな日に国立競技場へ出かけるようなバ・・・熱心なラグビーファンがいるのだろうかと不安を感じつつも国立競技場へ出かけると・・・いやはや、結構入っているではないですか。
雨は小降りですがシトシト降り続いています。競技場の下では、レインコートを着るなど雨対策にいそしむ人出ごった返していました。でもここで準備をするかしないかで大違い。私たちも一応準備をしていったのですが、反省すべき点もありました。今後の参考にしよう。今回大正解だったのは、信濃町駅前コンビニで買った座布団タイプのホッカイロでした。

どしゃぶりではないけれど、雨はやまないし、寒いし、「ここから雨が入ってこないかしらん」なんて事が気になって試合に集中できず。わけがわからないままに試合が終わってしまいました(泣)。早稲田、勝ちました。主将はもちろん、畠山、五郎丸の副将二人も泣いていました。おめでとう!

すっかり体が冷えてしまったので、表参道駅近くの銭湯、『清水湯』に行きました。懐かしい雰囲気の漂う銭湯です。近くに住んでいるとおぼしき老婦人たちに混じって、若い人の姿もありました。銭湯はいいですなぁ。体の隅々まで温まります。東京都の銭湯のHPを見てみると(ここ)、少なくなったとはいえ、思わぬ所にあるし、我が家の近くにもあるし、これからは銭湯も大いに利用しようと思いました。

| | コメント (3)

2008/01/11

おでん

おでん
今夜の噺は『子別れ』でした。中入りをはさんで二時間弱。たっぷり聞かせてもらいました。よかったなぁ。談春、本当に聴かせます。
その後はやっぱりおでん。落語のあとは東京風の味の濃いおでんじゃないと。銀座のお多幸に行きました。

| | コメント (0)

これから落語

これから落語
談春の独演会です。夫が一緒なので夕食が楽しみ。落語のあとは、おでんが食べたくなるんだが。
途中、歌舞伎座の前を通りました。夜の歌舞伎座はいい雰囲気ですなー。

| | コメント (0)

今日もがんばろー。

今日もがんばろー。
昨日は夜になって届いたメールに振り回されてヘトヘト。言ってることがめちゃくちゃなんだもん。返信したあと仕事する気も失せたので同じメールを受けていたH嬢と新橋へ。こんな気持ちの私達を受け止めてくれるのは新橋しかない(笑)。『びん』。話し疲れて喉がカラカラ。ビールがおいしいですー。仕事とは関係ない事でも、話すことでストレス発散になりますね。
飲んでる最中に夫から電話。帰宅したら私がいないので心配になったらしい。

| | コメント (0)

2008/01/09

そして今日もバタバタ。

20080109_
←植田正治は大好きな写真家の一人。今日寄った書店で見つけたので買いました。

今日は午前中半休。定時に退社してデパートへ。化粧品が底をついてしまったのだ。昔はウインドーショッピングを楽しんで、ついでにお買い物って事も多かったけれど、結婚してからは年に1,2度デパートの決まった店に行ってまとめがいです。買い物するのは好きなんですけどねー。買い物に行くのが面倒になってきたのだ。だから「化粧品がなくなった」というのはデパートに行くいい理由になるのです。
バーゲン中なのを幸いに服を何着か買いました。お洋服を買うのは去年の初夏以来。毎日同じような服をきて会社に行っているのでいいかげん飽きてきた(笑)。あとは靴だな。来月、友人の結婚式があるので、それまでに買って足に慣れさせておかないと。

今月は忙しい。仕事も忙しいけど遊びはもっと忙しい。お芝居の他に落語会、温泉旅行に大相撲と、あれもこれもと予定を入れていったら大変なことになってしまった(笑)。お財布もものすごい勢いで軽くなっていきます(泣)。でも行けるときに行っておきたいのだ。お芝居も一介の主婦が毎月行くにはかなりな贅沢だと思うけれど、これも義母と同居していた時ならとてもじゃないけど出来なかった。そんな事でつべこべ言う義母ではなかったけれど、やっぱ嫁として遠慮があるですよ。
で、調子にのって遊びほうけているのはいいけれど、暖かくなる前に義母の三回忌をしないといけないのをわかっているのか?>わたしたち夫婦。

※本日の万歩計
17279歩でした。しっかり7304歩。
会社で万歩計の話しをしたら、(万歩計経験者の)同僚の何人かから「そんなに歩いてます?」と言われたので不安になってきた。感度がよすぎるのかも。で、夕方から感度を一番低く設定してみました。明日はどうなるかなぁ。今までの歩数がぬか喜びになるかも。
ちなみに私のデスクからコピー機まで片道30歩、洗面所まで50歩で、○○さんのデスクまで50歩、発送書類を入れる箱まで20歩・・・って、仕事はちゃんとしてます。とりあえず。

| | コメント (0)

本日のお昼ごはん

本日のお昼ごはん
所用ありで午前中半休を取りました。出勤の途中で歌舞伎座に寄り週末のチケットをピックアップ。お昼ごはんは歌舞伎横のベトナム料理店で豚のそぼろごはん(ごはん少なめ)。お腹が弱いのでエスニック料理はあまり食べないのですけど。
それはともかく、さっきすれちがった仕立てのいいスーツをきちんと着こなした紳士、○太郎丈ではなかろうか。今月歌舞伎座に出てたっけ。うー、気になる。

| | コメント (0)

お疲れでござる。

お仕事が始まってイキナリ全力疾走なので、少々お疲れでございます。昨夜は10時過ぎに夕食のお蕎麦を食べ、ゴロリと横になったらそのまま寝てしまいました。気が付いたら4時だった。
寝直したらやけにはっきりとした夢をみました。

私たち夫婦が旅先で写した写真がきっかけで登山途中で遭難したグループの死体が発見されます。事故として処理をされるも実は殺人事件ではないのか・・・とそこで中村雅楽(老歌舞伎役者にして探偵)登場。で、結局真相はわからずじまい(笑)。どうも恋愛問題のこじれが原因らしいんだけど、私の頭では、それ以上解決できなかったようです。

今月の歌舞伎座には行こうかどうしようか迷っていたのですが(お正月価格でお高いし)、先日NHKで放送した雀右衛門の『けいせい浜真砂』を見たら猛烈に見たくなりました。この舞台を見ないと後で後悔しそう。試しにこの週末の座席状況をきいてみて、いい席がなかったら諦めようと思って電話したら、これがあるんだなー。
・・・というわけで、週末は歌舞伎座です。私のお誕生日月だからいいか(いいわけ)。吉右衛門の『一條大蔵譚』も楽しみでーす。

※昨日の万歩計
14325歩でした。しっかり3015歩。ほんと、仕事中はバタバタしてるなー。

| | コメント (0)

2008/01/07

万歩計ふたたび。

20080107_
←本屋で見つけて買ってしまいました。歌舞伎特集なんだもん。「サライ」なんて買うの久しぶり。

今日は仕事始めでした。いつもより20分も早く家を出たのに電車が遅れてがっくし。今日が仕事初めという会社が多いようですが、晴着姿でご出勤・・・なんて風景、見なくなりましたねぇ。お土産の紙袋を持った人が目立つのが、お休み明けって感じです。

さて万歩計。家に帰って見てみたら16,747歩でした。ホントかなぁ(笑)。でも自宅から駅までの往復、駅から会社までの往復、駅に着いたら階段を上がったり下りたり、昼休みに銀行まで行ったし、会社帰りに図書館に寄ったし、仕事中もコピーをとりに行ったり書類を持っていったり立ったり座ったり歩いたりが激しいので、このくらいはいくのかも。この万歩計は感度がいいようで、電車が揺れたりするのもカウントしているようなんですが(笑)。それを考慮してもやっぱ1万歩以上歩いているのかぁ。
ちなみに「しっかり歩数」は4605歩。時間は39分、消費カロリーは379キロカロリーで、距離は7.53キロでした。

会社勤め(それも電車通勤)っていうのは、それなりに体を動かしているんですね。自宅で座りっぱなしで仕事をしている人は、ジョギングしたりスポーツジムに行ったり、意識的に体を動かしている人が多いようなんですが、なるほど、この私でも、休日の3倍歩いているんだもんなー。
これから通勤の時はスタスタ歩く事にしよう。できるだけ階段も使おうっと。
 

| | コメント (0)

2008/01/06

万歩計

20080106_
友人が万歩計をつけているのを見て、私も今年から万歩計をつけてみる事にしました。別にウォーキングを始めようというわけではないのですが、ま、自分が普段どのくらい歩いているのか興味もあるってことで。
昨日は磐田まで行ったのに3千歩ちょっと。今日はご近所をうろうろしただけで4千歩以上歩きました。ま、昨日は列車やタクシーに乗ってばかりだったからなー。

9日間は長いなーと思っていたお休みも今日でおしまい。やだなー。ずーっとこのままぐうたらしていたいなー。でも働かないとぐうたらできないしなー。明日からフル稼働ですが、うまく社会復帰できるかしらん。

今日は明日からのリハビリ(^^)。午前中は美容院へ、午後から夫と地元の健康ランドへ行きました。サウナに入ってさっぱり。地元のおじさま方がカラオケに興じる中で飲むビールがおいしい。世の中には知らない曲(ほとんど演歌ですが)がたーくさんあるのだなぁと感心してしまいました。こういう所では大抵(演歌)歌手の歌謡ショーがあります。知らない人ばっかり。芸能界にはどのくらいのプロの歌手がいて、どのくらいの新曲が出ているんでしょう。芸能プロダクションがあって、歌を作る人がいて、レコードを作る人がいて、一人の歌手にかかわる人は一体どのくらいいるのかなー。世の中にはいろんな仕事があるんだなぁと、これまた感心してしまいました。小学生の社会科見学の気分。

さて、万歩計。明日から会社につけていきます。今日で4千だったら会社だと1万歩いくかなぁ。往復の通勤だけでも結構歩いてるし。この万歩計には10分以上歩いた分を「しっかり歩数」といって別に計測してくれます。昨日はなんとゼロでした(笑)。今日は半分くらいでした。消費カロリーは104キロカロリーで歩いた距離は2キロ。うーむ。恥ずかしくてウォーキングとは言えませんな。

| | コメント (3)

柴又帝釈天

柴又帝釈天
今日もいいお天気でした。柴又帝釈天へぶらりとお散歩。この鐘楼、映画に出てきますね。

| | コメント (0)

2008/01/05

あとは東へ。

あとは東へ。
今日の試合はヤマハ発動機対神戸製鋼でした。結果は神戸製鋼の逆転勝ち。
渋滞に巻き込まれながらタクシーで磐田駅へ。18きっぷを使っていますが時間節約のため静岡から熱海までは新幹線に乗りました。晩ごはんは三島駅の停車時間に買った駅弁です。

| | コメント (0)

ここはどこでせう。

ここはどこでせう。
新幹線と在来線を乗り継いで磐田まで来ました。ラグビー観戦なのだ。
東京は曇り空でしたが、こちらは快晴。でも富士山は半分雲に隠れていました。
そろそろキックオフです。

| | コメント (2)

これからお出かけ。

これからお出かけ。
お休みも、もうすぐ終わりですな〜。で、急きょかけることにしました。現実逃避(笑)。東京駅はまだ静かです。向こうのホームにN700系が止まっています。今年こそ乗りたいですー。

| | コメント (0)

2008/01/04

初芝居にプチ新年会

280104_
昨日は同僚H嬢、T嬢の3人で新春浅草歌舞伎(午後の部)に行きました。若手中心のお芝居です。
演目は・・・

 ・祗園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)金閣寺
 ・与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし) 木更津海岸見染の場、源氏店の場

最初に出演者による年始の挨拶がありました。昨日は七之助でした。

「金閣寺」の雪姫は、この間まで武田信玄だった亀治郎。可憐だけど気の強いお姫様役を熱演。縄で縛られて桜の木に結びつけられる役です。桜吹雪が「降りすぎだろー」と言いたくなるほどドッサリ降りました。あんなに降らせるものなのかなぁ。悪役、松永大膳を獅童。大奮闘でしたがちと大きさが足りないような気がしました。今後に期待。此下東吉が勘太郎。丁寧に演じていました。
どの役も大役で、舞台装置は派手だし、見どころ一杯だし、お正月らしく楽しめました。

「与話情浮名横櫛(切られ与三郎)」は、待ってました!の愛之助の与三郎。
これは去年の団菊祭で海老蔵の与三郎、菊之助のお富で見ました。私は愛之助の与三郎の方がナヨナヨしていて好きです。愛之助がまたいい男なんだわ。今回は2階席だったので舞台全体が見渡せて、足の先から指の先まで、きちんと所作が決まっていて、隅々まで神経を使わないといけない役なんだなーという事がよくわかりました。

いい気分になって外に出るともう7時。近くの蕎麦屋で一杯やりながらあれこれおしゃべり。まだ話し足りないとスタバで10時過ぎまで話し込んでしまいました。プチ新年会です。
楽しい午後でした。

| | コメント (0)

2008/01/03

これからお芝居

これからお芝居
これから浅草歌舞伎を見まーす。若手中心の歌舞伎です。楽しみ。
浅草はものすごい人出。お芝居の前に浅草寺へ・・・どころではありませーん。

| | コメント (0)

2008/01/02

初お出かけ。

20080102_
←津波避難場所なんて、やっぱり松島

・・・というわけで、元旦は夫とJR東日本のお年玉きっぷを使って松島へ行ってきました。元旦に限ってJR東日本の列車乗り放題というきっぷ。ならば出来る限り遠くへ行きたいというのが人情ですが、日帰りで遠出すると疲れるんだよねー。私の経験でいうと、疲れは時間ではなく距離に比例するのだ。で、ほどよい距離の観光地ってことで、夫婦ともども行った事のない松島に決定。

少し早めに出たので予定より一本早い新幹線に乗れました。郡山付近は雪で真っ白でした。仙台では走る若者たちと一緒に走ったら、これまた予定より一本早い仙石線に乗れました。ラッキー。
松島海岸駅につくと遊覧船の呼び込みをしていたので、それにつられて遊覧船に。船尾のデッキからカモメのエサ(かっぱえびせん)がまかれる事を知っているカモメたちが船をおいかけてきます。目の前でカモメが飛ぶ姿を見られるのです。これがすごい。カモメの方が面白くて島巡りどころではありませんでした。

昼食後、瑞巌寺で初もうで。700円の拝観料に一瞬ぎょっとしましたが、1609年完成という立派な本堂はもちろん、堂内の金箔も美しいふすま絵、藩主の控えの間といったお部屋の数々など、見るべきものが多くて時間が足りませんでした。さすが伊達藩。次回はじっくり時間をかけてきたいです。

下りの仙石線に乗って石巻経由女川へ。駅横の立ち寄り温泉『ゆぽっぽ』に行くためです。ここ
女川駅ホームから、真っ赤に塗装されたキハ40型の車輌が見えますが、これは列車ではありません。お隣の温泉施設の休憩室になっているのです(笑)。中身はなんとなく列車の雰囲気を残したお座敷のカラオケルームになっていて、地元の人たちが大音響でカラオケに興じていました。他にも無料の休憩室があり、なぜか列車のクロスシートも設置されています。セルフサービスが徹底された(近くの店から出前可)省エネタイプの温泉施設でした。お湯はなかなかよかったです。愉快な温泉でした。オフ会で行ったら楽しそう・・・

4時過ぎの列車で戻りました。仙台についたら雪が舞っていました。
お天気もよかったし、楽しい初旅となりました。今年もあちこち行きたいなー。

| | コメント (0)

国立競技場

国立競技場
今日は国立競技場にラグビー観戦に来ています。風が冷たくて寒いです。これからお目当ての早稲田対帝京の試合です。

| | コメント (0)

2008/01/01

女川駅横の立ち寄り湯は・・・

女川駅横の立ち寄り湯は・・・
松島から女川に来ました。写真は駅横の立ち寄り温泉の休憩室です。昭和53年富士重工製の休憩室です。列車ではありません(笑)。中はお座敷カラオケルームです。なかなか愉快な温泉でした。これから東京に戻ります。
ちなみに女川駅で新幹線の指定席を取ったら手書きでした。駅員さんが電話してきいてました。

| | コメント (0)

初もうで

初もうで
昼食後、瑞厳寺に行きました。本堂の中を拝観できるのですが、各部屋の立派な襖絵に感心しました。金箔も美しく、そのまま時代劇に使えそう。400年前の人達がこの廊下を歩き、藩主がここに座られたのかと想像するのが楽しいです。時間がなくて、ゆっくりできなかったのが残念。

| | コメント (2)

松島や・・・

松島や・・・
松島に来ています。郡山付近は雪で真っ白でしたが仙台はお天気。駅に着いたら遊覧船の案内をしていたので、そのまま乗ってしまいました。島めぐりよりエサ目当てに船を追いかけてくるカモメが面白くて。得難い経験でした(笑)。

| | コメント (3)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
東京は快晴。今日はこれからお年玉きっぷを使って北へ向かいます。
皆さまにとってよい一年となりますよう。

| | コメント (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »