« 吾妻路にて。 | トップページ | おめでとう! »

2007/12/23

少し早めの年越しそば。

20071223_
昨日は友人K嬢を誘い、夫と3人で中之条へ。日帰りですが、久々の遠出。湘南新宿ラインで高崎、吾妻線に乗り換えて中之条。タクシーでいつもの沢渡温泉・まるほん旅館へ向かいました。ここの大浴場は檜の洗い場に石造りの湯船。開放感があって気持ちいいのです。混浴ですが(^^)。でもここの混浴で悪い思いをした事はありません。無色無臭、アルカリ性のお湯は草津の仕上げ湯とも言われているいいお湯。お気に入りであります。ここでダラダラとお湯につかり今年一年の疲れを落としました。うー。泊まりたくなってきた。

4時のバスで中之条へ。路線バスは9人乗りのワゴンです。中之条まで乗り通した乗客は私たちだけだったので、バスとはいえ気分はほとんどタクシー(笑)。

今回の旅の目的は温泉もありますが、中之条駅近くの蕎麦屋『吾妻路』に行くこと。夜は予約のみで、蕎麦づくしのコース料理を食べさせてくれます。昨夜の献立は以下の通り。

 ・柚子きりに銀杏を挟んで唐揚げしたものと、板わさに蕎麦味噌と大葉を挟んだもの。
 ・蕎麦サラダ
 ・極太田舎蕎麦 藻塩とわさび添え
 ・そばがきと山芋をといた中に具を和えて油揚げの中に詰めたもの
 ・きこのの汁そば
 ・蕎麦と具の袋
 ・田舎そば
 ・柚子きり
 ・そばぜんざい

蕎麦ばっかりでも全然飽きません。極太の田舎蕎麦は、お酒の肴。藻塩を少しつけえていだたくと、蕎麦の力強さが感じられて、もう一杯とお酒がすすみます。中休みの汁そばはお出汁がおいしくて、ホッと一息。
〆のもり二品、田舎蕎麦では蕎麦の香りを、柚子きりでは、口の中にパッと広がる蕎麦と柚子の香りと更科の喉ごしを楽しみました。

これにお酒は『悦凱陣 うすにごり』『明鏡止水 ひやおろし』『馥露酣 純米』『益荒男 山廃純米』。
〆の蕎麦の前にひと休み。ご主人も出てきてしばしお話し。蕎麦に関するあれこれ、お互いのおすすめの店なぞ楽しいひとときを過ごしました。

時間はアッと言う間に過ぎていきます。19時半には会計をすませて店をでました。またくるよー。
あとはひたすら東京を目指すのみ。日付が替わる前に帰宅しました。いい年越しそばになりました。

|

« 吾妻路にて。 | トップページ | おめでとう! »

コメント

いいなぁ...
と思うに充分な内容ですね。

そばも良さそうだし、もちろんお酒も…
なかなか自分一人では行けそうにない世界です。

投稿: きょうばて@ならまち | 2007/12/23 19:29

あやこさんのブログを読んでいると、世の中にこういう
楽しみってあるんだなあ、それを実行している人が
いるんだなあって、つくづく思います。
うらやましいな♪旅とおいしいもの(ホントにひとりじゃ
ムリかも)(^^)

投稿: みうめ | 2007/12/23 23:32

「吾妻路」は場所柄ってこともあるのでしょうが、この内容で、一人3千円です。お酒を飲んでも一人4千円強ですんでしまいました。それで私たちだけのためにお店を開けてくれるのですからねー。贅沢。

お昼は普通のお蕎麦屋さんです。蕎麦もお酒も、ちょっとしたおつまみも出してくれますので、一人でもだいじょうぶだよ>きょうばてさん

みうめさん:
「旅とおいしいもの」はストレス発散です(^^)。これがないと働く気にならなーい・・・ってわけで、一ヶ月も遠出をしないと「うー。もう我慢できない」とお出かけの計画を立ててしまうのでした。そしてお出かけした先においしいものが待っていないと、つまらないものね。
私もお酒を飲む時は一人はちとさみしいです。「誰かつきあってー!」といつも騒いでいるのでした(^^)。

投稿: あやこ | 2007/12/24 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾妻路にて。 | トップページ | おめでとう! »