« また来ました。 | トップページ | 国立競技場にて。 »

2007/12/02

鉄道博物館ふたたび。

20071201_
・・・てなわけで、今日はN氏、T嬢、夫の4人で鉄道博物館へ行ってきました。
前回行ったのは10月の末。その時は、ニューシャトルの駅についたときから皆、殺気立っていて、博物館へ着けば大行列だし、中に入れば子供連れの家族ばかりで大騒ぎだし、日食に入るのも、お土産を買うのも行列で、本当に大変だったのですが、今はその騒ぎも一段落ってところでしょうか。10時に大宮で友人と待ち合わせて行きましたが、全然並ばず、すんなり入館できたし、どこもイヤになるほど混んではいませんでした。人は多いですけどね。スペースに余裕があるので、あまり気になりません。
子供の数はぐっと減って、そのかわり増えたのが年輩のグループ。団体旅行のコースにもなっているようです。でも1時間やそこらの見学では、ぐるりとまわってお土産を買うのが精一杯のような。

今回はN氏もT嬢も鉄博は初めてなので、ヒストリーゾーンの実物の車輌見学を中心にまわりました。展示してある車輌には中に入ってシートに座る事ができる車輌もあるのですが、4人で座りながら、あーだこーだと話していると、このまま列車に乗って旅行にいくような気分になります。あー、どっか行きたい。
前回と同じようなコースを歩いていても、見落としていたコーナーを発見したし、蒸気機関車のしくみなどを学習できるラーニングゾーンは時間切れで今回も手つかず。あと1回は行かないとなぁ。

鉄博の展示を見ながら、例えば数少ない子供の頃の家族旅行、独身時代に友人達と出かけた貧乏旅行、結婚してから夫とあちこち出かけた旅の思い出や経験が、自分の中でほどよく消化されて、いい肥やしになっているなぁと感じました。それと、その時の自分に応じたスタイルで旅することの大切さも。
今さら若い頃みたいに鈍行を乗り継いでの強行軍なんてできないし、かといってその頃にちょっと贅沢な旅をしても存分に楽しむことはできなかったと思います。昔の経験があるから、今の旅を楽しめるんだよねー。
そんな自分の旅のかたわらに、いつも鉄道の風景があるというのは、とても豊かなことだと、鉄博に行ってしみじみ感じたのでした。

|

« また来ました。 | トップページ | 国立競技場にて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また来ました。 | トップページ | 国立競技場にて。 »