« 人様の離婚話ですけど。 | トップページ | 社会人のための歌舞伎入門『摂州合邦辻』 »

2007/11/15

30年。

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて今日で30年になるそうです。
一言で30年といっても・・・。会社で私の隣りに座っている女性、後ろの女性、斜め後ろの女性は30年前、まだ生まれていませんでした。青酸コーラ事件、ダッカ事件、阪神の佐野が川崎球場でフェンスに激突して大けがをしたのも30年前。私はめぐみさんと同世代なので、その頃の事をいろいろ思い出してみましたが、記憶のほとんどはあやふやで、まるで霧の中で探し物をしているような感じです。

たまたまそこを通りがかったというだけで、北朝鮮に連れ去られてしまった少女と、突然、大事な一人娘がいなくなってしまったご家族の気持ちを思うと、私は猛烈な怒りを覚えます。
30年は、私の記憶が薄れてしまうほどの長い年月なのに、めぐみさんの帰宅を待つご家族の時間は30年前で止まったままなのだと思います。こんな事が許されていいのか。

例えば、自分の家族や、たいせつな人が突然いなくなってしまった事を頭に思い浮かべてみてください。探しても探しても見つからなくて、あるとき北朝鮮に拉致された(13歳の少女を船でむりやり連れていったのだ)と知らされる事を想像してください。もし中学生の自分が言葉も通じない知らない国へ無理矢理連れ去られていたら・・・(私がめぐみさんであったかもしれないのだ)。

何度か家族会の集会に行ったことがありますが、願いは一つ。連れ去られた家族を呼び戻したいという、あたりまえで、ものすごくシンプルな願いだけです。「私たちには時間がないのです」とみなさんおっしゃいます。拉致被害者はもちろん、彼らを待ち続ける家族も確実に歳をとっていくのです。

ホントにもう、何とかならんかなぁ。

|

« 人様の離婚話ですけど。 | トップページ | 社会人のための歌舞伎入門『摂州合邦辻』 »

コメント

ホントに、何とかならんのかなぁ。

昨日ニュースを眺めていて、
めぐみさんがいなくなった時のお母さんが今の私と同じ41歳だったことを知りました。
怒りが新たに沸いてきました。
同世代のめぐみさんの30年も長いし、お母さんをはじめ、家族の30年も長い・・・

蓮池薫さんのブログ、ご存知ですか?
http://www.shinchosha.co.jp/topics/hasuike/blog/

投稿: きょうこ | 2007/11/16 12:37

めぐみさんのことを思うと胸がしめつけられる。
大人だって知らないところはこわいのに、外国にあんな
連れて行かれ方をしたなんて。まだこどもですよ。
でもいろんな判断もできる十代だった、と思うと、もっと
怖かったと思う。
ご両親だって、出たくてTVに出るわけじゃない。目立ちたくて
街頭に立つわけじゃない。本当なら市井の人として
暮らしていかれた方たちなのに。ここまで、もってくるのに
どんな思いをされたことか。そして、今だってどんなお気持ちか。
なんとしてでも、早く帰して欲しい!一時間でも一分でも
早く。

投稿: みうめ | 2007/11/17 19:11

きょうこさん、みうめさん、本当に、この拉致問題は何とかならないのかと思います。歯がゆいです。
国家が犯した誘拐事件で、別の国へ連れて行かれたっていうだけで、政治的な問題になって、あの国にいるって事までわかっているのに、会うことができない、話しをすることすらできないっていうのは何て理不尽なことでしょう。老体にむち打って活動を続けている横田さんご夫妻をはじめ、みなさん仕事を持ちながらの活動は大変なことだと思います。

きょうこさん、蓮池薫さんのブログ、教えてくださってありがとう。さっそく読みました。読んでいるうちに、蓮池さんが失った二十数年の年月を思いました。冷静な文章だから余計に。その人の大切な時間を奪ってしまった拉致事件。怒りを覚えます。

投稿: あやこ | 2007/11/18 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人様の離婚話ですけど。 | トップページ | 社会人のための歌舞伎入門『摂州合邦辻』 »