« スマートボール | トップページ | 9月のおたのしみ。 »

2007/09/04

温泉に行って、酔っぱらって帰る。

この週末は四万温泉に行ってきました。今回は夫と友人のM嬢の3人で。このエリアの温泉だと、いつも沢渡温泉へいくのだけれど、今回は少し趣向を変えました。旅館は四萬館。温泉街から少し離れているので静かだし、落ち着いた雰囲気のいい旅館でした。お湯も最高。夕食の出し方が慌ただしいのが残念でしたが。でもまた行きたいです。
貸切のお風呂がいっぱいあって、お部屋にもお風呂があったし、温泉三昧でした。極楽。

日曜日はタクシーで四万湖を見てから温泉街へ。懐かしいスマートボールがあったのでしばし遊びました。温泉街のスマートボールも見かけなくなりましたねー。昼前に旅館へ戻りました。
ここで東京からやってきた勝谷誠彦さん、かつての担当編集者、筋鉄と合流。
5年前に出版された『地列車大作戦』がこの秋、文春文庫に入ることになって、その表紙の撮影が、四萬館の露天風呂で行われたのであります。この本はもともとJTBの月刊誌『旅』に連載されたものでありまして、私も何度か取材に同行しました。夫ともども山形で勝谷さんを迎撃した話しは文庫にも載るようなので、興味のある方はぜひどーぞ。
文藝春秋の担当者は前泊しているので、勝谷さんたちが到着したときにはセッティングも完了。30分ほどで撮影は終了。温泉がききすぎるので、ずっと浸かりっぱなしの勝谷さんも、お風呂の中に入って(足湯状態で)撮影していたカメラマンも汗だくでした。

ひと休みしたあとタクシーで中之条へ戻りました。15時過ぎの特急まで2時間強。さぁ、飲むぞー!と張り切っている人1名。撮影がメインなのか、飲みがメインなのか、どっちなんですか?(笑)
本当は私がいま、一番気に入っている蕎麦屋「吾妻路」へ行きたかったのですが、なんとお祭りでお休み(泣)。その次に気に入っている駅前食堂「とうみや」は宴会が入っていて×。・・・てなわけで、近くの「かよう亭」という店に入りました。ビールと地酒に肴ばっかり頼んでいい気分。「汲み豆腐」「ゆば刺し」のおいしさにはびっくりしました。そば粉を練って作った蕎麦のかば焼きも珍味。
そのあと「とうみや」に移動してまた飲む(笑)。地酒は常温の醸造酒。つまみは「もつ煮込み」にアジフライ。絶品!とはいいませんが、おいしい。きちんとしたおいしさなのです。「今日はお祭りだからね」とサービスで出してくれたのは、ささげのお赤飯でした。

いい気分になって列車に乗れば、上野まで爆睡。上野着が17時過ぎなので、もう一軒と『夜行列車』でまた飲む(笑)。気が付けば温泉とお酒でぐたぐたに疲れてしまいましたとさ。でも勝谷さんと一緒にどっか出かけたりお酒飲むのも久しぶりで、楽しい週末でした。

|

« スマートボール | トップページ | 9月のおたのしみ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマートボール | トップページ | 9月のおたのしみ。 »