« お相撲 | トップページ | 北へ・・・ »

2007/09/13

ジャパン破れる・・・が、しかし!

昨日見に行ったお相撲の話しとか、殿ご乱心とか(拉致問題はどうなる!)、書きたいこと、気になることは多々あるのですが、今はさっき見終わったラグビー・ワールドカップのジャパン対フィジーの試合で頭がいっぱい。いい試合だったんですよー。感動した。ワールドカップが終わったとき、印象に残る試合の一つに挙げられると思います。ジャパンも世界を相手にここまでできるんだー。

結果は31対35でジャパンはフィジーに負けました。しかーし、世界を相手にここまで戦えるということを世界に見せてくれた試合でもありました。結果が第一ではありましょう。でも結果が伴わなければ価値がないのかというと、そんなことはないのだ。フィジー相手に最後まで試合ができたということ。タックルもきまっていたし、ボールも支配できていたし。特に後半。スクラムハーフが二人とも怪我に倒れ、ノーハーフで戦わないといけないという最大のピンチを何とか持ち直し、ノーサイド直前にトライをとって4点差。ワントライ(5点)で逆転というところでジャパンの怒濤の攻撃(ラグビーは時間になってもボールが切れない限りゲームは続くのだ)。何度も抜ける!と思ったんだけどなぁ。迎え撃つフィジーのディフェンスもすごい。一昔前の学園ドラマでは、ここで主人公がトライして感激の幕切れとなるのですが、現実はそうはいかず。でも場内大コウフンで「ジャポン!」コールが響きわたっていました。

あぁ、それにしても悔しい。勝てるチャンスはあった試合だったのに。
スクラムからあっさりトライを取られたり「おいおい・・・」と思うシーンもありました。でも次につながる試合ではありました。見ていて本当に面白かったし。こういう試合を見ると、ラグビーって面白いスポーツだって事がよくわかるし、ラグビーをしてみたいという子供たちも増えるんじゃなかろうか。

あとはウェールズ(これまた強敵)、カナダとの試合がありますが、いい線までいけるんじゃないかという気がしてきた。ウェールズに勝てたら大金星なんだけどなー。勝利目指してがんばれ!ジャパン!!

|

« お相撲 | トップページ | 北へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン破れる・・・が、しかし!:

« お相撲 | トップページ | 北へ・・・ »