« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

あすから10月ですか・・・

お天気が悪いせいか急に涼しくなって、体がついていかない感じ。明日、会社に何を着て行こう。もう10月なんだよねー。衣替えですね。

金曜日は久しぶりの「玉椿」。友人のN氏に夫、夫の会社の人の4人で。日本酒を飲むのは久しぶりなので、まわるのが早い。小さめのグラスにしてもらってちびちび飲みました。いい気分。「ひやおろし」が出そろっていて秋なんだなーとしみじみ。そんなところで季節感を感じるのもどーかと思うが(笑)。黒龍のひやおろしが、フレッシュ感たっぷりで気持ちよかった。鳳凰美田は文句なし。ひやおろしが終わるまでにもう一度行きたいなぁ。

昨日は雷蔵ファンのみなさんと原宿「千」へ。お料理が中華なせいか、話題は香港映画へ(^^)。紹興酒にはいつもスライスレモンを入れるのだけれど、千切り生姜を入れてもいいという声に試してみたら、これもなかなか。楽しくかつおいしいひとときでありました。

明日はもう10月。月初め。がんばらねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

玉椿にて。

玉椿にて。
年度末で朝からバタバタ。ここんとこ会社と自宅の往復だったので、久々に飲みにいきたいなーと思っていたらN氏から飲みにいかないかとメールあり。以心伝心とはこのこと。行きます行きます。一ヶ月ぶりに玉椿に行きました。
黒龍、鳳凰美田と、ひやおろしのはしご。あぁ、秋なんだなーとしみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/25

お月さま

お月さま
お仕事終えて会社を出ると、ビルとビルの間に真ん丸お月さまが浮かんでいました。携帯で写真を撮ろうとしたら『恥ずかしいからやめて』とお月さまが言いました。それでもかまわずシャッターを押したら、ゴロンと音をたてながら落ちてきたお月さまの下敷になってしまいました。タスケテー。
(今夜はタルホ風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

本日のお昼ごはん

本日のお昼ごはん
お仕事。オフィス街のこのあたり、休日は食事するところに困ってしまう。コンビニで何か買うかと思っていたら韓国料理店が営業していたので今日のお昼ごはんは豆腐チゲ。
昨日は友人が広島で結婚式を挙げた。出席した友人の話しでは、とてもいい結婚式だったそう。おめでとー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦島太郎なわたし。

私は大阪生まれの大阪育ち。結婚するまでの27歳まで、ずーっと大阪で暮らしていたけれど、東京で生活するようになってはや16年。大阪人というよりは、『元』大阪人って感じです(かというって「東京人」でもないんだなー)。
16年の間の大阪の変化はまったくといっていいほどわからないので、たまーに「あの店がなくなった云々」という話しをきくとびっくりします。私の頭の中はいつまでも16年前の大阪のままなので。

今月末から千日前国際シネマで市川雷蔵の特集が始まるそうな。ここ
実家が大阪の南部にあったので、映画をみるのは大抵ミナミ。難波駅前の南街劇場か千日前の映画館。南街劇場もなくなっちゃったし(シネコンになったらしい)、よく行っていた道具屋筋のセントラルもなくなっちゃったし、東宝敷島もシネコンになったんだなー。でも国際シネマはそのままか・・・と思って地図を見ていたら、「プランタンなんば」の場所にいつの間にかビックカメラが(笑)。ここはその昔、千日前デパートだったのだ。火事でアルサロのホステスとお客が大勢亡くなった、それは悲惨な火災の現場。長い間廃墟のまま放置されていて、やっと建った新しい建物がプランタンなんば。それが変わっているんだもんなー。

道頓堀のキリンプラザ大阪も閉館するそうな。戎橋のたもとに建つ個性的なデザインのビル。ここは以前はキリン会館という古くさいビルが建っていたのだ。ビアガーデンに行った記憶あり。映画館もあったような気がする。それが壊されて今のキリンプラザが出来たときは、結構話題になったのだ。大阪が舞台の『ブラックレイン』にも出てくる。1980年代に立てられたビルが老朽化ですか。へんな気分。建物がなくなるというのは、街の表情が変わるってことです。

キタの三番街シネマ1・2・3も閉館。ジム・ジャームッシュの映画はココで見たんじゃなかったか。OS劇場もすでになく、北野劇場はシネコンになったとか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/22

ベアードビール

ベアードビール
今日も暑かった!
お墓の掃除で一汗流したあとは、沼津のベアードビールへ。先月初めて行ってから、すっかりお気に入りのビールになりました。ちょっと苦味があって変なクセもなく、きちんと作られたビール。沼津に行ったらビールですよ(笑)。
友人のS氏も一緒だったので、せっかくだから少し観光して帰ろうと沼津の御用邸に行きました。建物はもちろん浜の松林も美しく、ここも何度来てもいいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お彼岸

お彼岸
夫とお墓参りにきました。お墓は線路の土手近くにあります。
義父が亡くなる直前に義母、夫の四人で来たことがあります。義父は昔の事をいろいろ話してくれました。このあたりはすっかり変わってしまったけれど、この踏み切りのまわりだけは義父が子供のころから変わっていないんだとか。
線炉端は彼岸花でいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/19

酸ヶ湯のおでん。

20070919_
←酸ヶ湯温泉で売っている筍おでん。

筍はこのあたりで採れる姫たけのこに生姜味の味噌がかかっています。おいしい。大好き。
このスタイルのおでんは青森市内ではポピュラーなものらしいです。ここ。酸ヶ湯の「おでん」は観光客向けみたいで、本来はもっとダイナミックなものみたいですねー。

初夏に酸ヶ湯温泉から八甲田の笠松峠を越えて蔦温泉へ抜ける道を通ると、沿道にたくさんの車が止まっているのを見かけます。みんな山に入って姫たけのこを採っているのです。国立公園なのにいいのか(^^)。それより、この山の中に平気で入っていく人たちにびっくりします(素人だと絶対に遭難する。ヘタすると亜硫酸ガスで死んじゃうぞ)。
たくさん採った姫たけのこを加工して瓶詰めにしてくれる業者もあるのだとか。「そうしておくと保存がきくし、都会にいる子供に送ってやっても喜ぶ」とはタクシーの運転手さんのはなし。

| | コメント (2)

2007/09/18

今日はお芝居

今日はお芝居
私は今日まで休暇なのでお芝居見物です。歌舞伎座の夜の部です。うまいぐあいにいい席がとれてラッキーでした。本当は昼の部の吉右衛門の熊谷陣屋を見たかったんですけどねー。もうすぐ開場です。。あ〜、楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/17

夏休み五日目

20070927_
・・・というわけで、東京に戻ってきました。この三連休、東京はとーっても蒸し暑かったようですが、さすがに東北は過ごしやすかったです。
今日は私たちにしては早朝の(いつもチェックアウト時間の10時頃まで宿でゴロゴロしているので)8:40のバスで黒石駅に出ました。バスの本数が少ないのと、花輪線経由で盛岡に出るので、早めの行動開始です。結果的にこれがよかった!
弘南鉄道で弘前へ。久しぶりの弘前駅は全面的に建て変わっていて少ない乗り換え時間であたふたしてしまいました。特急かもしかで大館。
昨夜から天気予報では東北地方全域に大雨に対しての注意をうながしていました。花輪線が止まらずに最後まで走ってくれるのかが心配だったのですが、ここまで雨はさほどでもなかったし、列車の遅れもありません。これまた5分程度の乗り換え時間の間に「鶏めし」を買い(これを食べなきゃ何のために大館まで来たのかわからん)いつの間にか変わってしまった新しい車輌(といっても、どこぞの路線からのお下がりですけど)に乗り込みやっと一息つけました。
花輪線は大好きなローカル線のひとつ。乗るのは数年ぶりです。車輌は変わってしまったし、車窓の風景も少し変化があるけれど、のんびり旅の雰囲気は変わりません。13時半。定時に盛岡につきました。16:54の新幹線まで時間があるので、ぴょんぴょん舎に行って冷麺を食べ、雨が強くなってきたので、駅の待合室で本でも読みながら時間をつぶす事にしました。

で、駅に戻るとコンコースに人が溢れているではないですか。三連休の最終日・・・にしては様子が変だなぁと思っていたら、なんと大雨の影響で「こまち」がストップ。秋田方面へ向かう人が列車の動き出すのを待っていたのでした。椅子が足りないのでJR社員がパイプ椅子を並べています。そこへ駅長が出てきて自ら説明をしているのには驚きました。
大雨で列車を走らせられないこと、雨がやめば安全が確認でき次第運転を再開すること、断続的に雨が続いていて運転再開の見込みが立てられないこと、代行バスの依頼もしているが三連休でバスが出払っていて対応できないこと、旅行をとりやめる人は近くの係員に申し出てほしいこと。責任者が出てきてきちんと説明する事の大切さを実感しました。

私たちが乗った上りの「はやて」は定時運行。車窓から見た北上川があふれそうになっていてびっくりしました。帰宅してチェックすると、花輪線はもちろん、弘前-秋田間も運転見合わせで、ほんと、ぎりぎりだったなぁとホッとしました。

楽しかった夏休みもアッと言う間に終わってしまいました。はぁぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本日のお昼ごはん@花輪線

本日のお昼ごはん@花輪線
大館経由で花輪線に乗るといったらこれしかないでしょ。パッケージも付け合わせのおかずも少し変わった気がするけど比内地鶏とごはんのおいしさは変わりませぬ。数ある駅弁の中でも私はこれが一番。おいしいよ〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休み四日目

夏休み四日目
酸ケ湯を出発。タクシーで黒石まで。山の緑と小金色の田んぼの中を走る快適なドライブです。タクシーを乗換えて田舎舘の田んぼアートを見に行きました。稲の種類を利用して、田んぼに絵を描いてしまうのですが、これがすばらしのです。去年見て感動したのでまた今年も来てしまいました。一見の価値ありです。
昼食は黒石で売り出し中らしい黒石焼きそばなる地麺を食べました。駅にパンフレットがあったのだ。
黒石からバスで一時間半。ブナ林に囲まれた湯川(ぬるかわ)温泉にお泊まりです。山奥の一軒宿なので携帯は通じませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

田んぼアート@田舎舘

田んぼアート@田舎舘
今年も来ました、田舎舘の田んぼアート。今年は北斎です。細かいところまできちんと表現してあって感心しました。来年も見に来るよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み三日目

夏休み三日目
酸ケ湯連泊。十和田湖や奧入瀬で遊ぶとか八甲田ロープウェィ、睡蓮沼、近くでは地獄沼に八甲田ホテルなど行くところはいろいろあるけれど結局お布団の中で(上で)ごろごろ。酸ケ湯のお湯はパワーがあるので入ったあとはしばらく休まないといけないのだ(いいわけ)。温泉エキスが毛穴から体の中にしみこんでいきます。だから酸ケ湯に入ったあとは酸ケ湯くさくなる!体を洗ったくらいでは消えません。人間湯の花になってますからねー。一日ごろごろしていたので我々のお部屋は大変なことになっていたのでした。
暇つぶしに文庫を四冊も持ってきたので気合いで二冊読み終えました。買い込んだおみやげや着替え共々、自宅に送ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

本日のお昼ごはん@酸ケ湯自炊部

本日のお昼ごはん@酸ケ湯自炊部
出かけるのが面倒くさくなってきたのでお昼ごはんは旅館の売店で買ってきたものですませました。
イカ焼きそば、酸ケ湯源泉温泉たまご、焼きなす、卵焼き、梅おにぎり、ビール、そして史上最強のとうもろこし『ダケのきみ』。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/14

夏休み二日目

夏休み二日目
大沢温泉を出て花巻、盛岡経由で青森へ。いつも行く駅前の寿司屋に行ったら何と大間のまぐろがあるではないですか!大トロ3カン中トロ3カン赤身2カンで2000円!旨味がお口の中でとろけます。おいしかった〜
バスで八甲田山中へ。車窓から見た八甲田山はとてもきれいでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大沢温泉

大沢温泉
大沢温泉に泊まるのは久しぶりです。ここは旅館部、自炊部、別館菊水館があって、仲間とわいわい自炊部で食事を作るのも楽しいけれど、大抵は菊水館に泊まります。茅葺き屋根の古い建物です。古いけど中は掃除が行き届いています。
食事時に一人客が多いなぁと思っていたら、今朝、ワイシャツにネクタイをしめてブリーフケースを持って出かける人多数。今日は平日だったのね。
これから花巻経由で、またまた北へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

夏休み初日

夏休み初日
早朝の新幹線で盛岡へ。お天気がいいので一ノ関に戻り中尊寺に行きました。ここは何度来てもいいです。金色堂のすばらしさといったら!
三時過ぎには今夜のお宿へ。昨日は徹夜したし温泉入って晩ごはんを食べたら、そのまま寝てしまいました。それにしてもよく温まるいいお湯だ〜。
お布団の中でごろごろ。虫の声がうるさいくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファステック遭遇!

ファステック遭遇!
盛岡駅で新しい新幹線の試運転に遭遇しました。カメラを持って走る人若干名。そのあとEast-iともすれちがいました!ラッキー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北へ・・・

北へ・・・
今日から夏休み。例のごとく北へ向かっています。実りの秋を向かえ田んぼは黄金色に染まり始めていました。兵どもが夢の跡。一ノ関付近の車窓から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパン破れる・・・が、しかし!

昨日見に行ったお相撲の話しとか、殿ご乱心とか(拉致問題はどうなる!)、書きたいこと、気になることは多々あるのですが、今はさっき見終わったラグビー・ワールドカップのジャパン対フィジーの試合で頭がいっぱい。いい試合だったんですよー。感動した。ワールドカップが終わったとき、印象に残る試合の一つに挙げられると思います。ジャパンも世界を相手にここまでできるんだー。

結果は31対35でジャパンはフィジーに負けました。しかーし、世界を相手にここまで戦えるということを世界に見せてくれた試合でもありました。結果が第一ではありましょう。でも結果が伴わなければ価値がないのかというと、そんなことはないのだ。フィジー相手に最後まで試合ができたということ。タックルもきまっていたし、ボールも支配できていたし。特に後半。スクラムハーフが二人とも怪我に倒れ、ノーハーフで戦わないといけないという最大のピンチを何とか持ち直し、ノーサイド直前にトライをとって4点差。ワントライ(5点)で逆転というところでジャパンの怒濤の攻撃(ラグビーは時間になってもボールが切れない限りゲームは続くのだ)。何度も抜ける!と思ったんだけどなぁ。迎え撃つフィジーのディフェンスもすごい。一昔前の学園ドラマでは、ここで主人公がトライして感激の幕切れとなるのですが、現実はそうはいかず。でも場内大コウフンで「ジャポン!」コールが響きわたっていました。

あぁ、それにしても悔しい。勝てるチャンスはあった試合だったのに。
スクラムからあっさりトライを取られたり「おいおい・・・」と思うシーンもありました。でも次につながる試合ではありました。見ていて本当に面白かったし。こういう試合を見ると、ラグビーって面白いスポーツだって事がよくわかるし、ラグビーをしてみたいという子供たちも増えるんじゃなかろうか。

あとはウェールズ(これまた強敵)、カナダとの試合がありますが、いい線までいけるんじゃないかという気がしてきた。ウェールズに勝てたら大金星なんだけどなー。勝利目指してがんばれ!ジャパン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

お相撲

お相撲
午後から休んでお相撲を見にきました。生で見るお相撲は迫力満点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

ワールドカップ開催中

大多数の人は気が付いていないでしょうけれど、実はいま、フランスでラグビーのワールドカップが開催中なのです。これから10月20日の決勝を目指して、各チームが死闘を繰り広げます。ラグビーは体と体のぶつかり合いなので、本当に死闘。身長は2メートル近く、体重は100キロくらいの大男が陸上選手なみのスピードで突っ込んでくるのですから、コワイと思うよー。何より勇気が必要。

で、わがジャパンも予選を勝ち抜き出場しています。はっきりいって世界との差は大きい。ジャパンも進歩はしているけれど、ジャパンが2歩進む間に、世界は3歩進んでいる感じです。前半はそこそこ食らいついていけても、後半は失速。初戦のオーストラリア戦は91対3という結果に終わってしまいました。キャプテンの佐々木くんのファイトあふれるプレーは感動ものだったんだけど、途中で(怪我で)退場しちゃったからなぁ。

次のフィジー戦は、ベストメンバーで望みます。初戦のくやしさをバネに、フィジー戦では最後まであきらめず、ジャパンのラグビーを世界に見せてやってほしいです。

12日24:30キックオフです。がんばれー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

ごろごろしながら映画を見る。

台風一過でいいお天気。洗濯日和なのはいいけれど朝から蒸し暑い。それでもあの殺人的な8月の暑さを思うと、なんとなーく穏やかな暑さですけどね。ビールがおいしーです。

昼前から夫は仕事に行きました。私はごろごろしながら録画してある映画を何本か見ました。

『その前夜』(1939年・東宝)は戦死した山中貞雄を悼んで仲間たちが作った映画。
新撰組の洗濯物を請け負っている元旅籠の洗濯屋(中村翫右衛門)、そこに長逗留している浪人の絵描き(河原崎長十郎)、浪人を慕う芸妓の長女(山田五十鈴)、新撰組隊士と恋仲になる次女(高峰秀子)。新撰組や長州藩と多少なりとも関わり合いのある彼らの数日間が淡々と綴られていきます。そして祇園祭の夜、池田屋事件が起きたのでした・・・
決して歴史には名を残す事はないけれど、様々な事情や思いを抱えながら自分たちの生活を守って生きていく人たち。市井の人の視線でみた世の中っていうのは、山中貞雄の『人情紙風船』にも通じるものがあるのかなーと思いました。100人いれば100通りのドラマがあるってことです。期待していなかったんだけど、いい映画でした。
中村翫右衛門がよかったなー。言葉は悪いけど家族やまわりの人たちへの愛情はたっぷりで、自分の生活が大切で、せっせと仕事して、とっても人間らしい。あぁ「お兄ちゃん」だなーって感じ。

『夜の蝶』(1957年・大映)は銀座を舞台に張り合う二人のママ、京マチ子と山本富士子のおはなし。狂言回し役のホステス斡旋人・船越英二がとってもいい感じなのに、途中で影が薄くなってしまうのが残念。最後はまた出てくるけどね。でもわかりやすくて面白い映画でした。京マチ子と山本富士子ですよ。迫力ありすぎ。

『とむらい師たち』(1968年:大映)は死者を商品としか扱わない昨今の葬儀屋に対して怒り心頭のデスマスク屋(勝新)が、自分の理想の葬儀屋を始めるおはなし。仲間が伊藤雄之助に藤村有弘なんてクセありすぎ。おまけに脚本が藤本義一です。当時の社会が持っていた不安がにじみ出てくるような映画でした。
万博(もちろんエキスポ70)の造成地が出てくるのが貴重です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

結局本日は自主休業。

仕事いく気合が出なかったので、今日は休んでしまいました。わはは。月曜日からはがんばろうっと。
でも、友人からの「ビールを飲みに行かない?」のお誘いメールはお断り。残念!一人さみしく、おうちで缶ビールを飲みましたとさ。
先日、キリンビールのスタウトを飲んで、結構気に入ってしまったわたし。新橋のキリンシティで飲めるそうなので行くぞー。

今回の台風は進むのが遅いせいか雨も風も長く続きました。雨は午前中いっぱい降っていたし、風が落ち着いたのは夕方近くになってからです。
川の増水で止まってしまった電車も多く、会社へたどりつくまで一苦労っていう友人が多数。でも、同じ多摩川でも、JRはダメで京急がOKというのもなー(^^)。京急は昨夜も走っていたみたいだし。ま、私は線路の途中で電車が止まるよりは、最初から走らせない方が結局はいいと思っていますけど。
我が家もそうですが、川を越えるっていうのは実は大変な事なんですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風がやってきた!

我が家のあたりは昨夜から大荒れ。さすがの私も夜中に何度も目が覚めました。風と雨。
今朝も風雨は変わりません。気象レーダーを見ると我が家の付近だけが、まだ台風なんだよねー。もちろんいつも通勤で使っている電車は止まっています。会社は午前中お休み。自主判断で出勤してきてくださいとの事なんですが、有給もまだ30日以上残っているし、休んじゃおうかなー(^^)。
雨がやんでも、今度は川の増水が怖い。昭和30年代まで、しょっちゅう浸水していたというこのあたり、今は治水ができているとの事なんですが、それはともかく増水すると鉄橋が渡れなくて電車が止まるのだ。

夫は9時から打ち合わせがあるとかで、先ほど出かけて行きました。私鉄を使って遠回りして行くらしい。駅まで義妹が送ってくれました。
外を見ると、中学生達がずぶ濡れになりながら学校へ向かっていました。先生は来れるのか?

うひゃー。また風が強くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/06

9月のおたのしみ。

台風が近づいているせいか、朝から雨が降ったりやんだり。会社の周辺では、いきなり大雨になったかと思うと陽が射してきたり、ややこしいというか、不穏な空気が充満しています。今日は早く帰らないとねぇ。

いつの間にか9月になりました。
やっとこさ夏休みがとれます。夫婦そろって休みを合わせるのが結構たいへん。そのうえ今月は祝日が多いし、月初めからエンジン全開でお仕事を片付けています。でも、その先に楽しみが待っていると思えばね~

来週は、またまた国技館へお相撲を見に行きます。今回は枡席2枡、8名の大所帯。また食べるぞ~
歌舞伎座は秀山祭で、吉右衛門がでます。昼の部の「熊谷陣屋」がどうしても見たいんだけど、希望日が満席なんだよねー。でもひょっこり席がでるので、気長にチャレンジしてみます。
ついでにきいてみた夜の部で、いい席が空いていたので、とってしまいました。こっちも「阿古屋」が楽しみです。

ちなみに10月から国立劇場は三ヶ月連続で歌舞伎がかかります。「社会人のための歌舞伎入門」をとりました。幸四郎の「俊寛」ですー。ぶふふ。

出光美術館の「仙崖展」もなんとか時間を見つけて見に行くぞー。
・・・と思ったら、横浜美術館の「森村泰昌展」がもうすぐ終わりではないですかー。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

温泉に行って、酔っぱらって帰る。

この週末は四万温泉に行ってきました。今回は夫と友人のM嬢の3人で。このエリアの温泉だと、いつも沢渡温泉へいくのだけれど、今回は少し趣向を変えました。旅館は四萬館。温泉街から少し離れているので静かだし、落ち着いた雰囲気のいい旅館でした。お湯も最高。夕食の出し方が慌ただしいのが残念でしたが。でもまた行きたいです。
貸切のお風呂がいっぱいあって、お部屋にもお風呂があったし、温泉三昧でした。極楽。

日曜日はタクシーで四万湖を見てから温泉街へ。懐かしいスマートボールがあったのでしばし遊びました。温泉街のスマートボールも見かけなくなりましたねー。昼前に旅館へ戻りました。
ここで東京からやってきた勝谷誠彦さん、かつての担当編集者、筋鉄と合流。
5年前に出版された『地列車大作戦』がこの秋、文春文庫に入ることになって、その表紙の撮影が、四萬館の露天風呂で行われたのであります。この本はもともとJTBの月刊誌『旅』に連載されたものでありまして、私も何度か取材に同行しました。夫ともども山形で勝谷さんを迎撃した話しは文庫にも載るようなので、興味のある方はぜひどーぞ。
文藝春秋の担当者は前泊しているので、勝谷さんたちが到着したときにはセッティングも完了。30分ほどで撮影は終了。温泉がききすぎるので、ずっと浸かりっぱなしの勝谷さんも、お風呂の中に入って(足湯状態で)撮影していたカメラマンも汗だくでした。

ひと休みしたあとタクシーで中之条へ戻りました。15時過ぎの特急まで2時間強。さぁ、飲むぞー!と張り切っている人1名。撮影がメインなのか、飲みがメインなのか、どっちなんですか?(笑)
本当は私がいま、一番気に入っている蕎麦屋「吾妻路」へ行きたかったのですが、なんとお祭りでお休み(泣)。その次に気に入っている駅前食堂「とうみや」は宴会が入っていて×。・・・てなわけで、近くの「かよう亭」という店に入りました。ビールと地酒に肴ばっかり頼んでいい気分。「汲み豆腐」「ゆば刺し」のおいしさにはびっくりしました。そば粉を練って作った蕎麦のかば焼きも珍味。
そのあと「とうみや」に移動してまた飲む(笑)。地酒は常温の醸造酒。つまみは「もつ煮込み」にアジフライ。絶品!とはいいませんが、おいしい。きちんとしたおいしさなのです。「今日はお祭りだからね」とサービスで出してくれたのは、ささげのお赤飯でした。

いい気分になって列車に乗れば、上野まで爆睡。上野着が17時過ぎなので、もう一軒と『夜行列車』でまた飲む(笑)。気が付けば温泉とお酒でぐたぐたに疲れてしまいましたとさ。でも勝谷さんと一緒にどっか出かけたりお酒飲むのも久しぶりで、楽しい週末でした。

| | コメント (0)

2007/09/02

スマートボール

スマートボール
四万温泉の温泉街でスマートボールをしました。同行のM嬢は初めてのスマートボールとか。へ〜。私はお祭りの屋台でよく遊んだけど。
帰りは中之条駅前食堂で飲んで食べてヘロヘロ。特急で戻った上野でまた飲みなおし。あ〜、いい気分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

温泉三昧

温泉三昧
旅館には貸し切りのお風呂がいっぱいあって一晩では入りきれないくらい。大浴場にまだ入ってないぞ。少し硫黄臭のするお湯はとてもよく温まります。
お部屋にもお風呂があるのですが、これがまた気持ちいい〜

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/01

久しぶりの遠出

久しぶりの遠出
温泉に来ています。あ〜、やっぱり温泉はいいなー。ふもとの町ではお祭りの最中。大きな山車がねりまわっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »