« 吉祥寺麺通団 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »

2007/07/11

少々お疲れ気味でございます。

えーっと。吉祥寺麺通団の住所は以下の通り。
武蔵野市吉祥寺本町1-20-15
ちょっとわかりにくい場所にありますが。探すのも楽しみの一つってことで。

朝からしとしと雨が降ったりやんだり。お昼ごはんを買いに外に出ると、ちょうど雨が上がったところに日が射してきてサウナ状態。仕事は相変わらずてんこ盛りで、とにかく片っ端から片づけていくってとこ。1日中パソコンの画面を見ぱなっしはさすがにつらい。眼鏡も変えたい。ふと、自分が機械だったらと思いました。結局今日も力つき(笑)、少し積み残して帰宅。機械だったら全部片づけて帰れるのになーと思ったことですよ。

おうちに帰ってまでパソコンを見ていたくないと、もらったメールにも返事を出さず、不義理を重ねていますがご容赦。
んで、おうちで何をしているのかというと、今週は東映チャンネルで大友柳太朗の『丹下左膳』を放送しているので、それを録画して見ているのだ。面白い。さすが大友せんせい。チャンバラシーンは見ているだけでスカーっとします。あぁ気持ちいい。
大友左膳の第一作は、配役も豪華絢爛で、主役の大友柳太朗の他に、大川橋蔵、月形龍之介、薄田研二、大河内伝次郎、山形勲、東千代之介。ここに進藤栄太郎がいたら、私の中では完璧(^^)。この頃の俳優は、画面に登場しただけで「でたー!」と何だかうれしくなってしまうよーな個性的な人が揃っていて楽しいです。

今夜は大好きな『丹下左膳 妖刀濡れ燕』を見ました。大勢の登場人物をきちんと整理して、少し入り組んだ話しをうまくまとめてあるので、中身がぎゅっとつまっている感じ(脚本は小国英雄)。そしてなんつーてもラストのチャンバラシーンがすごい。何がすごいって大友先生、危険です(笑)。大川橋蔵もがんばっているけれど(この人の立ち回りは独特)、やっぱチャンバラは大友柳太朗だよなー。月形龍之介も今回は悪役で渋く決めてくれるので大満足。むふふ。

|

« 吉祥寺麺通団 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少々お疲れ気味でございます。:

« 吉祥寺麺通団 | トップページ | 湯ヶ島温泉 »