« 5月の映画メモ | トップページ | 本日の晩ごはん。 »

2007/06/03

『赤い手裏剣』という映画

20070603_
←佐賀の蔵元、東一の梅酒。左から、ノーマル、紫蘇、黒糖。どれもおいしかったけれど、特に黒糖はよかった。濃いんだけれどしつこくなく、〆の一杯には最適。

先月、新文芸坐で開催された市川雷蔵の特集上映が縁で出会った方々と、またもや雷さまのお話しをいたしましょう!と『玉椿』でミニオフ会。わいわいと楽しいひとときとなりました。話しは尽きず。

みなさん、お若いのですよ。私より年下の方がほとんど・・・なれど、40年近く前に亡くなった人に、こんなに夢中になるのはどーしてなんでしょ。話題にのぼる映画なんて、50年ぐらい昔の映画なんですよー。

その中で話しに出たのが『赤い手裏剣』という映画(1965年・田中徳三監督)。上映会で『大殺陣 雄呂血』との2本立てで上映されたのです。
私にしてみればお目当ては『雄呂血』で『赤い手裏剣』はおまけでした。『眠狂四郎』や『陸軍中野学校』などなど、代表作ともいえるシリーズものの中、ポコッと作られた一本で、映画評もよくないし、全然期待していなかった・・・なのに、これが私のツボにはまったというか、終わってみれば「大好き・・・かも」の映画になっていたのだから、映画は本当に見てみないとわかりません。

そもそも先に『雄呂血』を見て、こっちは脱力感と共に「はぁぁぁ・・・」と、何とも言えない気持ちになっているわけです。そこで『赤い手裏剣』が始まって・・・。洋風ともいえないヘンテコな髪型、黒い皮の上下に、でも時代劇だから足下は草鞋といういでたちの雷蔵がパカパカ馬に乗って登場するんだから、椅子からずり落ちながら、もう本当に「これからこの映画はどうなんてしまうのだろう・・・」と不安300%。でも画面がいいなぁ・・・と思ったらそこはさすがの宮川一夫。

三つのヤクザの親分に牛耳られて荒れる一方の宿場町にやってきた浪人・伊吹新之介(雷蔵)が、なんだかんだとうまいことやってヤクザを退治して、最後はパカパカお馬に乗って去っていくという、マカロニウエスタン時代劇です。

欲のかたまり、色仕掛け全開の飲み屋の女将、春川ますみがいいんだなー。ヤクザの親分は、山形勲、須賀不二男に吉田義夫と説明のいらないうれしい顔ぶれだし、伊吹をつけねらう北風の政・南原宏治のオーバーアクションもよろしい。濃い出演者の中、雷蔵演じる伊吹だけがさわやか。最初、皮の上下で登場した雷蔵は、宿場町で白の着流し姿なんですよー。これも絶句。

しかーし。みているうちに、違和感がなくなってきて、雷蔵はものすごーくかっこよく見えてくるし、多少おまぬけなヤクザも憎めないし、どんなシーンも絵になっているし(カメラマンの力でしょーね)、なんだかよくわからないけど、見終わったあと晴れ晴れとした気分になったのでした。
いい映画とは申しません。誰にでも勧められる映画でもないけれど、私は大好きだー。
たぶん、映画館で見たっていうのもよかったんでしょうね。DVDが出たら買っちゃうかもー。

|

« 5月の映画メモ | トップページ | 本日の晩ごはん。 »

コメント

お世話になりました(頬がゆるむ・・・梅酒!)。

『赤い手裏剣』、やっぱり雷さま、相手の身の上を
心配している!ひとりで宿を切り盛りする娘に「親は?」と尋ねて
「兄がいます。」と言われれば「それは心丈夫だ。」って・・・・。
お兄さんもいいのですが、いっちばん、頼りになるのは
他人なのにそんな暖かい心を向けてくれるあなたなのよん!と
思った私でした。
狂四郎さんの時も武(『若親分』)の時も、立場の弱い人に
必ず、心をくだくんだ。かっこいいぞ!

投稿: みうめ | 2007/06/03 21:34

杏のお酒おいしかったです。
ゆずも飲みたかったな。
ありがとうございました。

「赤い手裏剣」私もお気に入りです。
子供のころは狂四郎さまよりもヒーローっぽくて、伊吹さんの方が好きでした。続編が観たかったな。

台湾料理楽しみにしています。はあと

投稿: じゅぴたー | 2007/06/04 10:56

みうめさん、じゅぴたーさん、土曜日はありがとうございました(^^)。
また雷さまのお話し、いたしましょう。

んで、『赤い手裏剣』。面白い映画ですよねー。むふふ。思い出しただけでもニヤけてきます。
みうめさんのおっしゃるシーンはもちろん、私は宿の娘が自分をかくまってくれたとき、素直に「ありがとう」という伊吹=雷さまが好きです。あまりにも自然すぎて、そこだけ地が出ているような。

>>お兄さんもいいのですが、いっちばん、頼りになるのは他人なのにそんな暖かい心を向けてくれるあなたなのよん!

そうなのよー。でも気が付いていないふりしちゃうんだよなぁ。
次はぜひ、「若親分」を映画館で見たいですー。

投稿: あやこ | 2007/06/05 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『赤い手裏剣』という映画:

« 5月の映画メモ | トップページ | 本日の晩ごはん。 »