« 『紺屋高尾』@立川談春 | トップページ | 本日のお昼ごはん。 »

2007/05/22

5月の歌舞伎座 團菊祭

20070522_
←歌舞伎座で買った「焼豆大福」。おいしーよん。

今日はお楽しみの歌舞伎座。今月の昼の部は、團十郎の弁慶に菊五郎の富樫で「勧進帳」、海老蔵&菊之助で「切られ与三」となれば、もう何が何でも見たい!と歌舞伎会会員の友人に頼んで、チケットをとってもらいました。

今日の演目は以下の通り。

・泥棒と若殿
・歌舞伎十八番の内 勧進帳
・与話情浮名横櫛(木更津海岸見染の場・源氏店の場)
・女伊達

新作歌舞伎あり、長唄舞踊ありのバラエティーに富んだ演目です。

んで、「勧進帳」です。TVでは何度か見ていますが、舞台を見るのは初めて。いやー、感動しました。TVで見るのとはぜーんぜん違います。何が違うって、長唄が違う。音が澄んでいるのです。それだけでジーンとしてしまった。舞台の美しさ、全体にあふれる緊張感、動と静。人気のある演目なのが、よーくわかります。「洗練された」って言葉がぴったり。
一つ気になったのは、最後、弁慶が六方を踏んで花道を行くところ。六方に合わせて手拍子がおこったんですが、「それは違うだろー」と思いました。あっけらかんと手拍子するようなところか?他にも緊張感溢れる場面で笑う人がいたり(「勧進帳」に限らず)、時々「?」と感じる場面がありました。

「与話情浮名横櫛」は海老蔵の与三郎、菊之助のお富です。今日一番のお楽しみ。海老蔵を見るのは初めてですが、実にいい男。押し出しがよくて、登場した瞬間にパッと光が射したようになるのです。口跡もいいし。私のまわりのおばさま方もみなさん、海老蔵がお目当てのようです。「木更津海岸見染の場」では、浜の茶屋から海岸へ出る場面で、客席をぐるりとまわるという趣向があって、観客は大喜びです。私の席は上手の通路側だったので、海老蔵を間近で感じる事ができました。感激(^^)。何かと芸能欄を騒がせている海老蔵ですが、女遊びも芸の内。すごい役者になるような気がします。
菊之助のお富も美しく、与三郎とお富が出会う場面はどきどきしました。和泉屋多左衛門役の左團次がよかったなぁ。左團次、結構好きなのです。

「泥棒と若殿」は山本周五郎原作の新作歌舞伎。セリフが現代語なので、ちょっとびっくりしました。こんなのも有りなのね。松緑がよかった。
「女伊達」は長唄舞踊です。踊りの事はよくわからないけれど、華やかで明るくて、見ているだけで楽しい気持ちになりました。

本当は夜の部も見たかったのだけれど(「め組の喧嘩」が面白そうなんだもん)、今月はちと遊びすぎなので我慢。

|

« 『紺屋高尾』@立川談春 | トップページ | 本日のお昼ごはん。 »

コメント

はじめまして!
大好きなお芝居の話題だったので、参加させていただきます。

「團菊祭」昼の部、私も観て参りました。
で、「六方」での拍手。
私も拍手しました。
歌舞伎は、もちろん「筋」を追うものはありますが、「芸」を見る要素が強いと思います。
「六方」は、役者(特に荒事師の團十郎さん)にとっては、一番の見せ所ですから、拍手はむしろ必須?だと思うのですが・・・。

もう一つ、「与話情浮名横櫛」の与三郎、
私も舞台で海老蔵さんを見るのは初めてでした。
たしかに、水もしたたる?男っぷりで、
最初「はっ」と魅せられたのですが、
まだまだ修業中だなぁ・・・と思ったことでした。

辛口のコメント、お許しください。
地方に住んでいるので、
最近は「歌舞伎座」にも「新橋演舞場」にも縁遠くなっている私です・・・。


投稿: みもざ | 2007/05/25 08:19

みもざさま。初めまして!コメント、ありがとうございます。
「團菊祭」、よかったですねー。私は歌舞伎は初心者なのですが、そんな私でも大いに楽しませてもらいました。また歌舞伎座に行こう!という気持ちになります。

さてさて。六方の拍手ですが、「拍手」はいいと思うのです(私も拍手しました)。でも「手拍子」はないだろーと思った次第。初心者なりの違和感です(^^)。

今回の「与話情浮名横櫛」の海老蔵、劇評をみても賛否両論って感じですね。昨夜も歌舞伎好きの友人と話していたのですが、お芝居としてはお歴々のみなさんとは雲底の差があると思います。好き勝手しすぎというか、まだまだだなーと感じるところ多々でしたが、今の海老蔵には、好き勝手をする「余白」の部分がすんごーくあるのではなかろーかと思いました。そこに大いに期待。

それにしても、本当にお芝居は面白いですね。
今になって、世の中にこんなに面白い世界があったんだー!と気が付く次第。

>>辛口のコメント、お許しください。

いえいえ。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: あやこ | 2007/05/25 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月の歌舞伎座 團菊祭:

« 『紺屋高尾』@立川談春 | トップページ | 本日のお昼ごはん。 »