« 雷蔵の冴えた眼差しだけは変わらない。 | トップページ | 『紺屋高尾』@立川談春 »

2007/05/20

そしてまたいつもの日々が始まるのでした。

20070520_
←昨日の晩ごはん。
最近ご近所で(というか、私が毎月行っている駅前の美容院で)評判のとんかつ屋。やわらかくてジューシー。それでいてお値段はそこそこ。

雷蔵の上映会も終わって少々お疲れ。気も抜けた。
昨日は午後から夫と近所の健康ランドへ行きました。こういうところでは座敷の大食堂で歌謡ショーなどが行われるのが恒例。世の中にはこんなに歌手が多いのか!とびっくりします。私たちがTVでよく目にする歌手は氷山の一角のその先の人たちなんですねぇ。昨日の出演者には後援会のみなさまが大挙して押し寄せていました。専属の司会者もいた。さすがの私たち夫婦も気後れして、終わるまで外で唖然としながら待っていました(笑)。

今日はこれから会社に行って一仕事したあと、新宿で開かれる落語会に行きます。もともと落語好きだった夫ですが、iPODを買って落語を聴くようになってから熱が再燃。最近のご贔屓という立川談春を聴きにいきます。夫が落語で妻が(昔の)邦画かー。

|

« 雷蔵の冴えた眼差しだけは変わらない。 | トップページ | 『紺屋高尾』@立川談春 »

コメント

私もインターネットで落語熱が再燃したクチです。

白談春、どうでしたか?
談春師匠が面白い!という声をよく聞くのですが、
落語会はすぐに売り切れちゃうし、立川流の人は寄席で気楽に聞くという訳にいかないので、私はまだ出会ってません。

投稿: きょうこ | 2007/05/20 13:33

よかったですよー、談春師匠。ときには談志を凌ぐほど・・・という実力の持ち主だそうで、チケットは本当にとれないとか。今回は抽選で当たったのです。
『紺屋高尾』は本当によかったです。感動しました。
次回の「白談春」は秋にあるようです。また行きたいなぁ。

投稿: あやこ | 2007/05/23 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そしてまたいつもの日々が始まるのでした。:

« 雷蔵の冴えた眼差しだけは変わらない。 | トップページ | 『紺屋高尾』@立川談春 »