« 3月の歌舞伎座 | トップページ | 霞ヶ関の桜咲く »

2007/03/19

船越英二、亡くなる。

20070319_
予想はしていたといえ、今日は忙しかったー。どしどし積み上がっていくファイルの山を背にお仕事。疲れました・・・。

夕方、ひと休みしながらwebのニュースを見てみたら、なんと船越英二さんが亡くなったと。
芸能界を引退されてしばらくたつし、もうお歳だから、仕方がないといえばそうなんだろうけれど、好きな俳優が亡くなるというのは本当に残念です。
大映映画に出ている船越英二は、TVでの「ひとのいいおじさん(じいさん)」という雰囲気とは一味も二味も違って、個性的という言葉には収まらない役者さんです。じっと誰かを見つめるときの舐めるような視線がゾクッとします。でも、ねっちっこいんだけど、どこか乾いていて、いつも体のまわりにひょうひょうと風が吹いているような感じ。

今まで見た映画の中では『満員電車』の主人公・川口浩の隣に住む同僚役(小指を立ててお茶を飲むシーンが好き)、『花実のない森』の自分の妻をストーカーする夫役(これは怖かった!)が印象的です。他にも『黒い十人の女』『黒の試走車』『しとやかな獣』などなど。
高松英郎も亡くなったし、さみしいです。川崎敬三はご存命だよね?(大映時代の川崎敬三もいいのだ。大好き)

てなわけで写真は『黒の試走車』。

|

« 3月の歌舞伎座 | トップページ | 霞ヶ関の桜咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船越英二、亡くなる。:

« 3月の歌舞伎座 | トップページ | 霞ヶ関の桜咲く »