« パンの缶づめ | トップページ | ヤセの断崖といえば「ゼロの焦点」 »

2007/03/25

SL奥利根号に乗りました。

20070325_
・・・てなわけで、昨日は友人達と「EL&SL奥利根号」に乗りました。子供達もふくめて総勢10名とにぎやかな旅になりました。これは上野から水上までの臨時列車で、毎年何回か走っています。上野から高崎までは電気機関車が牽引して、高崎から水上までがSL。こちらは客車にのりながらのんびり汽車旅ってわけです。いやはや、本当にのんびり。朝の8時に上野を出発した列車が水上に着くのは12時過ぎです。おまけに高崎線って車窓の風景に変化がなくてつまらないんだよね(^^)。それでも今や貴重になってしまった客車の旅は懐かしく、また趣のあるものでもあります。特に停車した時の静けさ、車内がシンと物音ひとつしなくなる一瞬は何物にも代え難いです。
SLは乗ってしまえば他の列車と変わらない・・・といえばそうなんですが、時々聞こえてくる汽笛は旅情をかきたてるし、ピストンの動きに合わせて体が軽く前後する独特の乗り心地はSLならでは。また、山間部に入ると、汽笛がこだまするのです。これに黄昏時などが加わると、そりゃぁもうゾクゾクします。
駅での停車時間を利用して子供達には運転席から顔を出しての記念撮影タイムも設けられました。もちろん友人の子供達も参加しました。中にはSLの大きさに驚いたのか泣き叫ぶ子供も多数。どちらかというと、子供をダシに大人が楽しんでいるって感じですね(笑)。春休みのいい思い出になったかな。

水上からも上りの「EL&SL奥利根号」に乗車します。3時間ほど時間があるので、湯桧曽にある「湯の陣」なる温泉旅館に行きました。ここ。友人が予約してくれたのです。水上からは少し離れていますが、人数が多いので送迎バスを出してくれました。温泉と座敷での昼食がついて3500円。想像していた以上に(失礼!)いいお湯で、旅館の雰囲気もよく、お料理も季節のものを中心にボリュームもあってとてもおいしく、大満足でした。特にお子さまランチが、ミートソースがかかったオムライスに巨大海老フライ、汁物、ケーキと、私たちの普段の昼食より豪華。大人の視線が集まります(笑)。

上野に着いたのは19時19分でした。久々に「列車に乗った」気がするなー。楽しかったです。
ここんとこ夫婦そろって、仕事が忙しくて(今日も二人ともお仕事でした・泣)ヘロヘロ。たまにはこうして汽車旅らしい旅を楽しんで、エネルギーを補給せねばなりませぬ。

|

« パンの缶づめ | トップページ | ヤセの断崖といえば「ゼロの焦点」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SL奥利根号に乗りました。:

« パンの缶づめ | トップページ | ヤセの断崖といえば「ゼロの焦点」 »