« これから読む本。 | トップページ | 映画館の思い出なぞ。 »

2007/03/07

新文芸坐で市川雷蔵特集!

4月28日から5月18日まで、池袋の新文芸坐で市川雷蔵の映画がどーんと34本かかりますっ!ここ
新文芸坐のHPにはまだプログラムがアップされていないけれど、雷蔵ファンサイトの情報では以下の通り。

 4/28、29  ぼんち、炎上
 4/30、5/1  切られ与三郎、弁天小僧
 5/2、3    剣鬼、斬る
 5/4、5    破戒、剣
 5/6     大菩薩峠、大菩薩峠 竜神の巻
 5/7     大菩薩峠 完結篇、薄桜記
 5/8     江戸へ百七十里、影を斬る
 5/9     忍びの者、続・忍びの者
 5/10     おけさ唄えば、女と三悪人
 5/11     大殺陣 雄呂血、赤い手裏剣
 5/12     婦系図、歌行燈
 5/13     ある殺し屋、ある殺し屋の鍵
 5/14     陽気な殿様、桃太郎侍
 5/15     眠狂四郎勝負、眠狂四郎円月斬り
 5/16     中山七里、ひとり狼
 5/17     濡れ髪剣法、濡れ髪三度笠
 5/18     眠狂四郎炎情剣、眠狂四郎無頼剣

市川雷蔵って役者は、大映京都撮影所でひたすら映画に出続けた人なんですよねぇ・・・。今回上映される映画の監督は、伊藤大輔、市川崑、衣笠貞之助、三隅研次、森一生、田中徳三、池広一夫・・・。雷蔵映画の特集でありながら『大映京都祭り』の趣もあります。

三隅研次監督の映画を大画面で見られるのもうれしい。『剣鬼』『斬る』『勝負』『炎情剣』『無頼剣』はDVDを持っているし、TV画面で何度も見ている映画だけれど、これは大画面で見るように撮られた映画だなぁと毎回感じるのでありますよ。特に『斬る』のオープニング、藤村志保がアップで登場するシーンなどは絶対大画面で見ないと・・・と思い続けていたので、やっと見られると思うとうれしさ倍増。

|

« これから読む本。 | トップページ | 映画館の思い出なぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新文芸坐で市川雷蔵特集!:

« これから読む本。 | トップページ | 映画館の思い出なぞ。 »