« おはようございます。 | トップページ | ビーフシチュー »

2007/02/12

冬の湯治@沢渡温泉

20070212_
毎年この季節になると連休を利用して温泉でぐうたらします。いつもは酸ヶ湯温泉や大沢温泉といった雪深い東北の温泉へ行くのだけれど、今年はなんとなく遠出するのが面倒になってきたので、いつも行く沢渡温泉『まるほん旅館』で二泊しました。ここ

湘南新宿ライン、吾妻線と乗り継いで中之条からタクシー。2時には旅館に着いてしまった。さっそく温泉に入って一眠りしてから遅れてくる友人達と合流すべくふたたび中之条へ。
『まるほん旅館』に泊まるときはいつも朝食だけをたのんで夜は中之条へ食べに行きます。これまたいつも行くお蕎麦屋さん『吾妻路』がなんと休みだということで、駅近くの食堂『とうみや』(ここ)へ。ここがよかった。おしゃべり好きのおばちゃんとお話ししながら出てくるのは煮込み、おでん、アジフライといったごく普通のものばかり。それがあまりにも普通すぎておいしいのだ。お酒はもちろん地酒の本醸造を冷やのコップ酒で。5人で結構食べて飲んで1万円ちょっとですよ。これからは中之条に着いたら昼食は『とうみや』で夜は『吾妻路』だな。

二日目はタクシーで四万温泉へ。足がないのでタクシーに乗らざるを得ないのですが、4,5人で割かんすればバス代と大して変わらないのです。運転手さんにいろいろ教えてもらえるし、私はタクシー大好き。

四万温泉では、以前から一度入ってみたかった積善館(ここ)で立ち寄り湯をしました。元禄の湯は建物が登録文化財になっているそうです。和洋折衷のなんともいえない古くさい佇まいもさることながら、お湯がよかった。お湯が生きていて、ピチピチ跳ねているのがわかります。あぁ、シアワセ。いい温泉でした。
昼食はタクシーの運転手さんに教えてもらったお蕎麦屋さん『なが井』へ。お客さんが多くてかなり待たされましたが、出てきたお蕎麦はレベル高かったです。おいしかった。このあたり、どこに入ってもお蕎麦はおいしいと思います。『とうみや』のお蕎麦もおいしかったしなぁ。

3時前には宿に戻って、またお風呂に入って本を読みつつ昼寝。あぁ寝てばかり。午後の日ざしが部屋の中に射し込んで気持ちがいいです。極楽です。
今日はチェックアウト後、すたこらさっさと帰ってきました。眠気が抜けなくて、このままずーっといつまでも寝ていられそう。明日から社会復帰できるか不安だー。

写真は『なが井』で食べた、とろろ蕎麦です。

|

« おはようございます。 | トップページ | ビーフシチュー »

コメント

あやこさん、おかえりなさい(^^)
3連休、のんびりされたご様子ですね。

「まるほん旅館」、さっそくHPをチェックしました。
わかりやすいシステムで、温泉も気持ちよさそうですね。
予約欄には「子供」や「幼児」も入っているので、家族連れでも大丈夫なのかな? 

春休み、18きっぷ利用の旅に、メモメモです。

投稿: HIRO☆:: | 2007/02/12 22:37

まるほん旅館はいいですよー。おすすめです。
沢渡温泉はお湯がとてもよいのです。酸ヶ湯温泉や大沢温泉は強すぎて湯あたりしてしまう友人も、ここは大丈夫。まるほん旅館の大浴場が、これまたいい雰囲気なんです。午後の日ざしの中で入るお風呂が最高。

子供連れでも大丈夫ですよ。私たちが行ったときも、小さな子供を二人連れた家族連れがいました。
高崎まで湘南新宿ラインで行けるっていうのもポイント高いです。
お出かけされるときはぜひご一報を。いろいろご案内いたします(^^)。

投稿: あやこ | 2007/02/14 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の湯治@沢渡温泉:

« おはようございます。 | トップページ | ビーフシチュー »