« 『鴛鴦歌合戦』 | トップページ | 年末年始はだらだら映画。 »

2007/01/02

ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場

毎年1月2日は国立競技場へ、ラグビーの大学選手権準決勝を見に行きます。よく「年末年始はどこかへお出かけですか?」と聞かれるんだけれど、2日の予定が決まっているので、どこにも行けないのだ。
で、今年も行ってきました。第一試合は関東学院対大阪体育大学、第二試合は早稲田対京都産業大学。どちらも総合力では、関東勢の関東学院、早稲田が上ですが、そこに関西の2二チームがどこまで食い下がるかに注目でした。結果は関東勢2校の圧勝に終わったわけですが。

大体大は歯が立たずって感じ。ラグビーは、ボールに対してどれだけ選手が素早く集まれるかっていう事が大切なのですが、大体大はそれが出来てなくて(体がついていけなかったんだと思う)結局、ボールを持った選手が孤立してしまい、相手にボールを奪われたり、そこからピンチになったりと、見ていて歯がゆい場面が多かったです。自分たちが何をどうすればわからなくなってしまったようでした。競技場の7割方は大体大の応援してたのになぁ。その中で韓国からの留学生、SHの金くんのファイトが印象的でした。最後、本当に悔しがっていて、だからなおさら大体大にはもっと力をつけてほしい。

早稲田と京産の試合は面白かった。京産はキックオフから積極的なプレーの連続で、早稲田も足が地に着かず、自分たちのプレーが出来ない感じで、見ていてハラハラしてました。フォワードにこだわった試合運び、ディフェンスもよかったし、最後まで切れなかったし、全員走っていたし、点差はつきましたが、中身のある好ゲームでした。京産は何で自分たちが負けたのか、負けた気がしないようなゲームだったんじゃないかな。

関西のラグビーは、どうも古いように思えるのです。今は、15人全員が80分間走りきるフィットネスと、ボールへの集まり、ポジションに関係ないボールへの反応、頭で考えるラグビーが必要なわけで。(でないと世界と闘えない)
ラグビー全体のレベルがもっとあがらないと、ラグビーが面白くなくなります。

|

« 『鴛鴦歌合戦』 | トップページ | 年末年始はだらだら映画。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー大学選手権準決勝@国立競技場:

« 『鴛鴦歌合戦』 | トップページ | 年末年始はだらだら映画。 »