« たまには本屋さんにも行かないと。 | トップページ | ここはどこでせう。 »

2007/01/26

『初春狸御殿』を見たよん。

ものすごい勢いで仕事をすませて早めに切り上げ(週末にやることにして)京橋のフィルムセンターへ!『初春狸御殿』(1959年・大映)を見てきました!あぁ、このくらいの楽しみがないとやってられん。

「狸もの」と呼ばれるオペレッタ映画で、雷蔵、若尾文子、勝新の若手スターを中心としたお祭り映画。
狸御殿に住むわがままお姫様・きぬた姫(若尾文子)が「私は狸のお嫁さんになんてならないわ!」と家出をしてしまいます。お見合い相手の若殿狸、狸吉郎(雷蔵)が今か今かと待っているのに困った家老は、もとカチカチ山の狸だった博徒狸・泥右衛門(菅井一郎)の娘、お黒(若尾文子の二役)を身代わりに仕立てます。狸吉郎は、きぬた姫(実はお黒)の美しさにぞっこん。泥右衛門は、お黒がうまく狸吉郎のお嫁さんになってくれれば・・ウッシッシと悪知恵を働かせ・・・と、まぁ、どうでもいい話なんですが。若尾文子のかわいさもさることながら、雷蔵の男ぶりには腰が抜けそうになりました(笑)。

映画館で雷蔵の映画を見るのはこれが2本目。1本目は『炎上』だったので、雷蔵お得意の若殿様(これが実によく似合う)を大画面で見るのは初めてだったのですよ。特にこの頃(1960年前後)の雷蔵はTV画面でみても、どんな役でも匂い立つような男ぶりですが、映画館だとそれが50倍くらい増幅される感じで、こんなの週変わりで見ていたら、そりゃ夢中になるお嬢さんも出てくるわな・・・というか夢中にならない方がおかしいと思いました。それにものすごく知的だし。
市川雷蔵はやっぱりいい男って事を再認識いたしました。ハイ。

それと、想像以上に色っぽいシーンが満載でびっくりしました。ほとんどトップレスのカッパ娘とか、腰元役の水谷良重がびっくりするほど体格がいいとか、太股もあらわなダンサーが踊りまくるとか、家族総出で見に行ったとき、お父さんも楽しめるようになっています。
中村鴈治郎の古狸ぶりもケッサクだし、お正月らしい楽しい映画でした。歌はやっぱり時代を感じさせますけど。

|

« たまには本屋さんにも行かないと。 | トップページ | ここはどこでせう。 »

コメント

観られて何よりでした。
戦前から作られている「狸御殿」ものですが、最近でも宝塚OGの合同公演などで生き続けています。
戦前のものも当時のスター歌手や喜劇人が大挙出演していて楽しいですが、若尾文子のきぬた姫は意外に適役だったように思います。
河童娘の一人、毛利郁子は主役を張ってもおかしくない美貌とルックスでしたが、身体中に蛇を巻きつけたりすることも辞さない「蛇女優」などと呼ばれ、怪談ものばかりに名を残してしまいました(ロクロ首なども演じたりしています)。後年、過失から刺殺事件を起こし、映画界から消えてしまったのは子供心にもショックなことでした。

雷蔵は素顔では良識と知性に満ちた人だったようですね。
当時の社会党の委員長が右翼の高校生に刺殺されたとき、「人を斬る演技をしている者として、暴力は許されないことを伝えていくことを心しなければ」という趣旨のことを書いていました。
私がスクリーンで観た雷蔵でもっとも印象的な風貌だったのは、作品評価はあまり高くないものの切支丹大名を演じた『ジャン・有馬の襲撃』でした。

投稿: Ryo | 2007/01/28 00:25

あぁ、やっと見られました『初春狸御殿』。この映画の若尾文子は本当にかわいくて、もし私にいま、女の子が生まれたら「きぬたちゃん」って名前を付けてしまいそーです(笑)。

>>雷蔵は素顔では良識と知性に満ちた人だったようですね。

朝日文庫から出ている『雷蔵、雷蔵を語る』なんて読んでいると、しっかりと自分を持ったブレのない人だと言うことをひしひしと感じます。それがどんな役をやっても全体からにじみ出てくるんですね。いや、本当にいい役者。

今夜はDVDで『花くらべ狸道中』を見てしまいました。明日も会社なのに、夜更かししていいのか(笑)。

投稿: あやこ | 2007/01/30 02:05

はじめまして。 私も先週金曜FCで見ました。
映画全盛期、お正月は一家揃って(お母さん+お子様は雷蔵・若尾の夢のコンビにウットリ、お父さんは河童+日劇(?)ダンサー達のお色気にニンマリ)あの映画を楽しんだのでしょうね。
ところで、私はmixi新参者ですが、あやこ様は雷蔵ファンサイトの掲示板でもお見かけする方では?
私と同年代で雷蔵さんの素晴しさを語って下さる方がいらっしゃるのは嬉しいです!

投稿: Yvluv | 2007/02/03 20:22

Yvluv さん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。
「狸御殿」ではニアミスしていたんですね。やっぱ映画は映画館で見るのが一番ですね。きぬたちゃん、かわいかったなぁ。
映画が庶民の娯楽であった時代の空気を感じる事ができました。あのカッパちゃんにはびっくりしたけど(^^)。

>>あやこ様は雷蔵ファンサイトの掲示板でもお見かけする方では?

みわさんが管理人の雷蔵ファンサイトのことでしょうか。それなら私です。私も最近、あの掲示板にお邪魔するようになった新参者なのです。

>>私と同年代で雷蔵さんの素晴しさを語って下さる方がいらっしゃるのは嬉しいです!

わたしもうれしいです。ヨン様より雷様だよねー。
これからもよろしくお願いします。


投稿: あやこ | 2007/02/04 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『初春狸御殿』を見たよん。:

« たまには本屋さんにも行かないと。 | トップページ | ここはどこでせう。 »