« 『股旅』@市川崑 | トップページ | 新年会@みその »

2007/01/14

東博で「チゴイネルワイゼン」を聴く。

20070114_
昨日は午後から国立競技場でラグビー大学選手権決勝、早稲田対関東学院の試合を見に行きました。残念ながら早稲田は三連覇ならず。関東学院の優勝で終わりました。早稲田は自分たちの試合をする事ができませんでした。

夜はさっさと帰宅して録画してある今日の試合を見ながら反省をするという夫と別れて、私は東京国立博物館へ。平成館のラウンジで行われるニューイヤーコンサートに行きました。

東博ではクラシックコンサートをはじめ、いろんなイベントを行っています。特にクラシックコンサートは、手頃な料金でトップクラスの演奏家の質の高い演奏を少人数で楽しめるのでかなりお得。クラシック音楽は興味はあるけれど、どうも敷居が高くて・・・という私にはぴったり。昨夜の演奏は、バイオリニストの千葉純子さんで、伴奏はピアノの浦壁信二さんでした。
千葉純子さんという方がどういう演奏家なのか全然知らずに行ったのですが、これがまたキュートな女性なのでびっくり。クラシック音楽の演奏家といえば、目つきの鋭い迫力のある人をイメージしていたので。演奏は「私の音楽を聴いて!」という強引なところが全然なく、自然に音楽の世界に引き込まれてしまうという感じでした。すばらしかった。演目は以下の通り。

 クライスラー テンポ・ディ・メヌエット
 クライスラー 真夜中の鐘
 クライスラー ウィーン奇想曲
 クライスラー ロンドンデリーの歌
 ヴァニアフスキー 華麗なるポロネーズ1番
 ヴァニアフスキー モスクワの思い出
 サラサーテ チゴイネルワイゼン

「ウィーン奇想曲」は馬車の蹄の音が響くウィーンの石畳みの町並み(行った事ないけど)が目に浮かんできたし、「チゴイネルワイゼン」ではジプシーたちがたき火を囲んで踊る場面、彼らの心の奥底にある深い寂しさを感じることができました。特に「チゴイネルワイゼン」の演奏は圧巻。鳥肌が立ちました。目の前で演奏を見られるので、指が弦を滑り、弓が跳ね(本当に跳ねるのだ)、指で弦を弾いてまるでギターの様に使い、様々な音色が一個のバイオリンの中から出てくる様子を間近に見られて呆気にとられてしまいました(今お使いのバイオリンはストラディヴァリウスの「ジュピター」という名器だそう)。
音楽の生み出す世界に浸った1時間半でした。いやぁ、よかった。シアワセだわ。
会場で販売されていたCDも買ってさっそく聴いておりまする。

ところで、この手のイベントに行くたびに思うのだけれど、とにかくお年を召した方が多い。昨夜なんて私は若手です(笑)。それがいいとか悪いとか、高齢化社会だからとかいうのではなく、若い人がこういう事に興味がないのかなーと不思議というか不安になったのだ。音楽を勉強している人はともかく、私のように「ちょっと興味があるから覗いてみたい」というような人には絶好の機会だと思うのに。

|

« 『股旅』@市川崑 | トップページ | 新年会@みその »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東博で「チゴイネルワイゼン」を聴く。:

« 『股旅』@市川崑 | トップページ | 新年会@みその »