« おともだち。 | トップページ | 『初春狸御殿』を見たよん。 »

2007/01/25

たまには本屋さんにも行かないと。

20070125_
←東博・表慶館にて。

毎朝、布団から体をべりべりとはがすような感じ。
今日はお天気がとてもよかったし、お昼は同僚を誘って外でゆっくりしました。風は冷たいけれど、真冬の厳しさが感じられないなぁ。1時間でもいい気分転換になりました。

連続して仕事に集中できるのは1日8時間が限度だと思う(私のばあい)。7時をまわるとミスタイプが多くなってきてどうにもならんので、さっさと切り上げて帰宅。久しぶりに本屋に寄りました。新刊の棚に『眠狂四郎異端状』(新潮文庫)の新装版を発見。わーい。『黒沢明と「天国と地獄」』もあったので買ってしまいました。
これは映画「天国と地獄」の撮影ドキュメント。誘拐犯人に身代金を渡す、特急第二こだまのシーンのところが読みたかったのです。東京から熱海まで、実際に「こだま」を一編成走らせて撮影されたそうなんですが、繰り返しリハーサルしているとはいえ撮影は一発勝負。東宝のベテランスタッフ、三船敏郎、仲代達矢といった俳優陣が吐きそうになるほどの極度の緊張の中に追い込まれていきます。このシーン、映画の中でも大好きなシーンなんだよね。こういうのを読むと、映画は撮っている時が一番面白いんじゃないかと思えてきます。

宮本昌孝『尼首二十万石』読了。これは図書館で借りてきた。宮本昌孝は、最近ちょいと気になっている作家で、読後感が非常にさわやかなのです。

|

« おともだち。 | トップページ | 『初春狸御殿』を見たよん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには本屋さんにも行かないと。:

« おともだち。 | トップページ | 『初春狸御殿』を見たよん。 »