« 言葉狩りの後は映像狩り? | トップページ | F・スコット・フィッツジェラルド »

2006/12/11

今週は忠臣蔵。

14日は討ち入りの日なので、今週の時代劇専門チャンネルは「忠臣蔵特集」。ここ
今日は溝口健二の『元禄忠臣蔵』(1941年・松竹)の前編が放送されたので録画して見ました。これが面白くて。「お風呂の掃除しなきゃ・・・」「台所の洗い物が・・・」と気にしつつ、結局最後まで一気に見てしまいました。

出演者の所作も作法も、道具や小物の使い方(屏風はあぁいう風に使うんだなってシーンがでてきます)あらゆる所にまで神経が行き渡っていて、あぁ本当の武家のしきたりはこうだったんだろう、本当の武士というのはこうだったんだろうと、まるで元禄時代にカメラを据えて撮ったドキュメンタリー映画を見ているような気分になってしまいました。
クレーンと移動カメラを駆使したロングカットの多用も緊張感たっぷり。てんぱった状態のままシーンが延々と続いていくので、演じる役者は大変だったでしょうけれど。「原寸主義でいく」と原寸大で造らせた松の廊下のシーンなんて本当にスゴイです(この建築監督が、若かりし新藤兼人)。

大石内蔵助役の河原崎長十郎をはじめ、前進座総出演。決して感情を表に出さない、落ち着いて威厳のある大石内蔵助がよかった。

明日の後編が楽しみですー。

|

« 言葉狩りの後は映像狩り? | トップページ | F・スコット・フィッツジェラルド »

コメント

こんばんは。

年末といえば忠臣蔵なんですが、母親が播州赤穂出身で子供の頃から大石内蔵助やら浅野内匠守といった名前を否応なしに覚えておりました。もちろん12月14日は義士祭のパレードがありますが、大石内蔵助役は市長さんというのもお約束です。

今年は平日ですし仕事があるので行けないですが、母は行くつもりのようです。

投稿: よねちゃん | 2006/12/13 00:25

よねちゃん、こんばんはー。

お母さまのご出身が赤穂ですか。
なんだかんだいっても、この季節になると忠臣蔵ですよねー(わたしだけ?)。
東京にいながら泉岳寺にお参りしたことがないので、一度いってみたいなーって思っています。

赤穂では、赤穂義士祭にあわせて、光の天守閣が出現したそうです。
http://www.asahi.com/life/update/1211/002.html

投稿: あやこ | 2006/12/13 01:43

結局雨が降ったので、祭りには行かずにご近所の方たちと忘年会という名のカラオケパーティーに行ってました>母

私も長い間赤穂に行ってないのですが、どんどん観光地化されていってます。滋賀県の長浜ほどではないですが、こちらも新快速電車が直通するようになってから力を入れ始めたようです。

昔は電車到着寸前まで改札口を閉めていた駅が、今やICカード対応自動改札口に変わるなんて思いもしなかったです。

投稿: よねちゃん | 2006/12/15 23:18

赤穂に新快速・・・ときくだけで時代を感じてしまいます(笑)。そりゃ、便利になるよねぇ。

>>今やICカード対応自動改札口に変わるなんて思いもしなかったです。

わー。JR東日本管内でもスイカ対応改札が随分と増えました。ますます切符を買わなくなります。

投稿: あやこ | 2006/12/17 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週は忠臣蔵。:

« 言葉狩りの後は映像狩り? | トップページ | F・スコット・フィッツジェラルド »