« 忘年会。 | トップページ | 来年もよろしくー! »

2006/12/31

12月の映画メモ

今月は後半、忠臣蔵ばっかり見ていたような気がする。東映版はチャンバラが派手で面白かった。
チャンバラといえば『丹下左膳 妖刀濡れ燕』がよかったです。ストーリーの面白さもさることながら、大友柳太朗のチャンバラがすごい。部屋の中であれだけ刀を振り回せるのは神業。斬られ役の人も命がけだわな。
市川崑の『満員電車』もモダンでテンポがあって私好みでした。


(日本映画専門チャンネル)
「ラッキーさん」1952年・東宝 市川崑監督 小林桂樹、小泉博、島崎雪子
「満員電車」1957年・大映 市川崑監督 川口浩、笠智衆、杉村春子、川崎敬三、船越英二
「花実のない森」1965年・大映 富本壮吉監督 若尾文子、園井啓介、田村高廣、船越英二、江波杏子
「ゴジラ」1954年・東宝 本多猪四郎監督 宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬
「理由」2004年・WOWOW 大林宣彦監督 岸部一徳
「女経」1960年・大映 監督:増村保造、市川崑、吉村公三郎 若尾文子、山本富士子、京マチ子
「黒い十人の女」1961年・大映 市川崑監督 船越英二、山本富士子、岸恵子、岸田今日子、宮城まり子
「婦系図」1962年・大映 三隅研次監督 市川雷蔵、万里昌代、船越英二、三条魔子
「プーサン」1953年・東宝 市川崑監督 伊藤雄之助、越路吹雪、小林桂樹
「スタジオはてんやわんや」1957年・大映 浜野信彦監督 大映スタァ総出演
「サラリーマン忠臣蔵」1960年・東宝 杉江敏男監督 森繁久彌、小林桂樹、加東大介、三船敏郎
「続サラリーマン忠臣蔵」1961年・東宝 杉江敏男監督 森繁久彌、小林桂樹、加東大介、三船敏郎

(衛星劇場)
「洲崎パラダイス 赤信号」1956年・日活 川島雄三監督 新珠三千代、三橋達也、轟夕起子、河津清三郎、芦川いづみ

(東映チャンネル)
「遊侠の剣客 つくば太鼓」1960年・東映  深田金之助監督  近衛十四郎、坂東簔助、藤田佳子、木内三枝子、吉田義夫
「旗本退屈男 謎の伏魔殿」1955年・東映  佐々木康監督  市川右太衛門、若山セツ子、喜多川千鶴、進藤英太郎
「間諜」1964年・東映  沢島忠監督  松方弘樹、内田良平、緒形拳
「丹下左膳 妖刀濡れ燕」1960年・東映  松田定次監督  大友柳太朗、大川橋蔵、桜町弘子、丘さとみ、松島トモ子、月形龍之介
「忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻」 松田定次監督  片岡千恵蔵、大友柳太朗、東千代之介、市川右太衛門、大川橋蔵、美空ひばり、北大路欣也

(時代劇専門チャンネル)
「万五郎天狗」1957年・大映 森一生監督 市川雷蔵、小野道子、浦路洋子、阿井美千子
「元祿忠臣藏 前篇・後篇」1941年,42年・松竹 溝口健二監督 河原崎長十郎、三桝万豊、中村翫右衛門、河原崎國太郎、市川右太衛門、山岸しづ江
「忠臣蔵 天の巻・地の巻」1938年・日活 監督:マキノ正博・池田富保 阪東妻三郎、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、月形龍之介
「忠臣蔵」1958年・大映 渡辺邦男監督 長谷川一夫、市川雷蔵、山本富士子、勝新太郎、京マチ子、鶴田浩二、若尾文子
「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」1962年・東宝 稲垣浩監督 松本幸四郎、加山雄三、三船敏郎、司葉子、原節子
「投げ唄左門二番手柄」1954年・大映 荒井良平監督 黒川弥太郎 、伏見和子、阿井三千子
「女狐風呂」1958年・大映 安田公義監督 市川雷蔵、瑳峨三智子、林成年、浦路洋子、中村玉緒
「千姫」1954年・大映 木村恵吾監督 京マチ子、菅原謙二、市川雷蔵、大河内伝次郎、山形勲

(チャンネルNECO)
「白子屋駒子」1960年・大映 三隅研次監督 山本富士子、小林勝彦、近藤美恵子、千秋実
「脂のしたたり」1966年・大映 田中徳三監督 田宮二郎、富士真奈美、久保菜穂子、成田三樹夫

|

« 忘年会。 | トップページ | 来年もよろしくー! »

コメント

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
市川右太衛門・北大路欣也「父子鷹」の昔の広告もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007/01/02 18:08

kemukemuさん、ブログ、拝見しました。
「父子鷹」の広告も!
この映画、スカパーで見た事があります。幼き北大路欣也が実にイイ子でかわいらしくて。北大路欣也は品がありますね。東映映画「忠臣蔵」の大石主税役もよかったです。

投稿: あやこ | 2007/01/03 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月の映画メモ:

« 忘年会。 | トップページ | 来年もよろしくー! »