« 青森みやげ | トップページ | 10月の映画メモ »

2006/10/27

ズルはいかんでしょうが。

地方の進学校を中心に必修科目の授業を行っていなかったという事件は、時間と共にどしどし数が増えていって、人ごとながらいったいどうするんでしょーか。
私は中学時代に教師からひどい目にあって以来(だまされてウソつかれて、挙げ句の果てに目の前で私がいじめられているのに無視しやがった)学校も教師も信用していないので、「やっぱりなー」という感じでニュースをみています。
虚偽の報告書を出して(公文書偽造じゃないですかね)、おまけに受けてない授業の成績までつけていた学校もあったといいます。そんなのアリかー。なら学校に行って授業受ける必要ないやん。
受験に必要ないかもしれませんが、世界史も倫社も社会人として生活していくうえで、みんな必要なものでしょう。じゃないと、どこで教養を身につけるんじゃ。学校は(教師は)生徒の未来も預かっているってことを、もっと自覚してもらいたいです。韓国や中国との問題だって世界史がわかってなかったら「なんのこっちゃ」でしょう。

学校に社会性を求める方が無理なんですかねー。これと同じ事を会社でやったら、その会社は取引先から取引断られて、ヘタすると会社はつぶれます。成績あげるために架空の売り上げを計上しました・・・っていうのと同じ。
社会人として一番してはならないことは、ウソをつくことと、ごまかすこと。ルールを守らないってことです。それを生徒が社会へ出て行く入り口で学校がやって、どうすんだ。
なんかもー、あまりのモラルのなさにむかっ腹がたって仕方がないのでした。ブツブツ

それと、今年の3年生だけが人身御供になるっていうのも私は気にくわん。

|

« 青森みやげ | トップページ | 10月の映画メモ »

コメント

ブログにコメントするのは初めてですが、うまくいくかな?

今回の単位の話といい、いじめ自殺の問題といい、学校というシステムの隠蔽体質って本当にすごいですね。

昨日の朝だったか、たまたま時計代わりにつけていたTVで、教育関係のコメンテーターが「数値目標の達成」を隠蔽の一因に挙げていましたが、この人の言ってることも完全にお門違い。何らかの数値目標もない職場ってあるのかも疑問ですし、達成できなきゃできたとウソをつくものなのか? こういう人たちはライブドア事件をどう思ってるんでしょうか。

ただ、これだけ情報化が進んでいるのに、どちらも年単位の期間を隠し通したのですから、ある意味とてつもない団結力。それだけ徹底してコトを進める能力があるのであれば、別の使い方を考えろって思います。

まぁ、例外は認めるべきではないというのは私も賛成です。赤信号をみんなで渡っていたら、交通ルールの方が「渡っていい」って変わっちゃうなんて、あり得ません!

投稿: M. Takamagahara | 2006/10/27 23:11

こんばんは。

まったく、今時の教師は何やってんでしょうね。
福岡のいじめ事件といい、今回の事といい、本当に目先の事「だけ」しか考えてないですね。

いくら生徒の要望でも、「必須」科目である以上はちゃんと教えなきゃいかんでしょうし、「受験に関係なくても、世界の事を知らなきゃ自分が恥をかくぞ!」と毅然と跳ね返せなかったんでしょうかね?

新聞には「受験科目と必須科目のねじれ」などと書いてましたが、それこそ「本当に役に立つ科目を受験科目に」すればいいだけのことじゃないですか。そんな事もわからん連中には人を教える資格なんぞないですよ。

投稿: | 2006/10/28 00:34

すいません、名前を書くのを忘れてました。

投稿: よねちゃん | 2006/10/28 00:35

今回の問題は調査すれば、かなりの割合の高校で実施されていたのではないかと思います。 足元、都立高校でも発覚しましたが、都会地は「予備校」がありますが、地方へ行くと中央に対し高校自体が「予備校」化しないといけないというホンネも見え隠れします。

 私の母校はC県の県立高校でしたが、入学当時は「受験指導はしない」のを売りにしていて3年生も秋の文化祭が終わらないと受験勉強をしない状態で、それはそれで楽しかったです。 もっとも3歳年下の妹が高校入学の時には「その売り」が逆効果になって、定員割れをするハメになりました。(妹は別の県立高校へ進学) やはり男子生徒の8割が浪人、女子でも5割が浪人する高校は「世間」からみれば「失格」な高校なんでしょうね。 ただし指導要綱は「絶対厳守」だったはずです。 なにせ、高教組(=今や死語?)の先生が多く、「高校は予備校じゃない」がみんな口癖のようでしたから・・・。(ただし社会科を中心に教科書ではなくて「刺激的」な内容の多い「副読本」を多用していましたが)

 高校時代の思い出はこれくらいにして、新聞、TVの報道を見ると文部科学省もここまで現場の高校に甘く見られていたのか・・を改めて痛感しました。 やはり政策官庁ではなく、許認可官庁だったんですね。>文部科学省

投稿: しみず | 2006/10/28 00:53

みなさま、コメントありがとうございます。
いやはや、時間が経てば経つほど誤魔化していた高校がワラワラ出てきて、収集がつかなくなっていくこの問題。気にくわないです。どうも最近、無理が通れば道理がひっこむって事が目につくのですが、その根っこはココにもあったのかーって感じ。

ズルと誤魔化しが通るようじゃ、常識なんて吹っ飛んじゃうし、法治国家じゃなくなるし、社会が成り立っていかない。そういう世の中は大いに気にくわないです。

投稿: あやこ | 2006/10/31 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズルはいかんでしょうが。:

« 青森みやげ | トップページ | 10月の映画メモ »