« お盆休み | トップページ | 本日のお昼ごはん »

2006/08/17

お楽しみはこれからだよーん。

くたくたでござります。でもこれでやっと明日から夏休み!二日間ですが。また東北の温泉へ行くのだ。

今日は朝から雨が降ったり日が射したりとあわただしいお天気。昼すぎに外へ出るとものすごい湿気に霧雨。まるでミストサウナの中にいるよう。

来月は楽しい映画がいくつか。
シネマヴェーラでは『妄執、異形の人々』。ここ。『不知火検校』は見たいなー。『黒い十人の女』も楽しみだす。そして『マタンゴ』!大画面でみたら夜、眠れなくなりそー。

新文芸坐では『時代劇(チャンバラ)ぐらふぃてぃ』。ここ。わー。ぜんぶ見たい(笑)。『座頭市物語』『続・座頭市物語』二本立ては平日だ。会社、休んじゃおうかなー。『丹下左膳餘話 百万両の壷』『河内山宗俊』の二本立て、『赤西蠣太』『人情紙風船』二本立ても見逃せませぬ。スゴイ組み合わせですが。


日経の夕刊の新刊案内で子母澤寛の『父子鷹』(講談社文庫)の事をほめていました。買おうかどうしようか迷っていたのですが『傑作中の傑作』と言われると読みたくなりました。

今読んでいるのはシバレンの『もののふ』という短編集です。ちゃんばらシーンの臨場感が面白いです。『乱闘・高野街道』の最後の仇討場面はそのまま映画になりそう。映像が目に浮かびます。『梅一枝』は雷蔵主演の『斬る』という映画の原作です。題名を見て「もしや・・・」と思って読んだらそうでした。『斬る』は三隅研次監督、新藤兼人脚本の80分たらずの映画で、雷蔵の代表作の一本といわれているもの。とにかく映像が美しく、雷蔵もきれいで、三隅研次監督の美意識全開って感じ。原作読んでも、やっぱこの主人公は雷蔵でなきゃ演じきれないと思いました。他の役者だと、その役者の「におい」が出ちゃいそうなんだもの。

|

« お盆休み | トップページ | 本日のお昼ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お楽しみはこれからだよーん。:

« お盆休み | トップページ | 本日のお昼ごはん »