« 『大菩薩峠』@市川雷蔵 | トップページ | 本日のお昼ごはん »

2006/07/25

世の中夏休み

仕事がひといきついたので、今日は定時にあがってどこにもよらずまっすぐ帰った。夜が長いぞー(笑)。

通勤電車の中に子供の姿を見かけるようになって、世の中夏休みなんだなーと気が付いた。朝から大きなショルダーバックを肩に電車に乗っている少年少女たちは夏期講習に向かうのでありましょう。中3の甥っ子も、所属していた地区の野球チームを先日引退。さっそく塾の夏期講習に行くそうな。少子化というし、受験も楽なんじゃないの?と義妹にきいたら、いやいや少子化だからこそ「いい学校」と「悪い学校」の差が激しくなって、受験が大変な事になっているそーな。
私は「上の下」ってポジションの公立高校に行った。勉強する子は一生懸命勉強していたし、クラブは活発だったし、比較的自由で呑気な校風で、私はとっても楽しかった。何となく中途半端で気楽な(執行猶予期間中のような)高校生活でありました。今どきそういう高校生活は、はやらないのかしらん。

なんとなーく、今は、子供のうちから目標をもったり、がんばったり、何をしたいか(するべきか)決めたりしないといけないように見える(そんなの決められるわけないやん)。それが性質に合っていればいいけれど、私みたいに何も決めずに「まぁ、こんなもんか」と生きてきたよーな人間には、とっても窮屈に思えるのだ。隙間のない世の中はしんどいですよ。

それはそーと、最近は都立高校でも中3生を対象にした学校案内をするそうで、先日、某有名都立高の見学に行ってきた甥っ子は「いい学校だから行きたいなぁ」とさかんに言っていた。高校に入学したら硬式野球部に入りたいので、野球部のある高校っていうのが大前提。見学に行った高校は、野球部の設備もよかったし、練習風景にも心ひかれるものがあったそーな。「行けばいいやん」と簡単に言う私の横で大きなため息をつく義妹(笑)。
高校生活って、お勉強も大事かもしれないけれど、いいお友達と出会って、めちゃくちゃくだらない事に時間を費やして、熱中して、校風にひたるっていうのが一番なんじゃないかなーって思う。そうなると、やっぱ「いい学校」に行かねばならんか(笑)。

|

« 『大菩薩峠』@市川雷蔵 | トップページ | 本日のお昼ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中夏休み:

« 『大菩薩峠』@市川雷蔵 | トップページ | 本日のお昼ごはん »