« ぐうたらの週末。 | トップページ | 君は伊達三郎を知っているか。 »

2006/05/16

わりばし。

国内のわりばしがピンチ。ここ

わりばしはいま、9割を中国からの輸入にたよっていて、その中国が生産制限を決めたので値段が上がってきているそうな。
びっくりしたのは、いつの間にかわりばしは国産から中国製に入れ替わっていたってこと。わりばしはほとんど国産って思っていたので(間伐材の有効利用なんて話もきいたことがある)。でも納得もできるなー。最近、わりばしをうまく二つに割れなくて、私の力加減がおかしいのかなー、でも昔はこんな事なかったのに・・・と不思議に思っていたのだ。そっか、中国製か。←偏見?

この「いつの間に?」っていうのは、私が知らないだけで、身の回りのあらゆるところに密かに広がっているような気がする。最近、中国の環境汚染(川に汚水を流したとか)なんかが報道されるけれど、遠いお国の話ではなくて、魚は国境なんて関係ないし、風にのって何かが飛んできているかもしれないし、「国産」と表示されている食品だって、調味料の原料なんてレベルになれば、どこでどうして作られているものか、わかったもんじゃない。
目に見えるものだけを見て、わーわー騒ぐだけじゃダメで、もちっと広い目で自分たちの生活を見ていかないといけないんだなーと、わりばしニュースで思ったのだ。

|

« ぐうたらの週末。 | トップページ | 君は伊達三郎を知っているか。 »

コメント

電球とか細かいプラスティック製品とか、壊れやすくなっているよね。衣料品や靴なんかもブランドは有名でも made in○○は不良品が多いです。
その内、彼の国は国内需要をまかなうのにいっぱいいっぱいになるはずだから、食料を含めて日本国内生産率を高めていかなきゃいけないと思う。
賢い(?)お役人さん、企業の責任者さん、はやく手をうっていてほしいよね。

投稿: えみこ | 2006/05/18 10:15

えみこさん、こんにちは。

そうそう、最近どうもいろいろなものが粗雑になりつつあると感じています。作り手のモチベーションが低くなっているんじゃなかろうか。
資源の乏しい日本だから、輸入にたよらないといけないことは承知しつつも、国内の産業をもっともりたてていく事を考えないと、生活のできない国になっちゃうよねぇ。

投稿: あやこ | 2006/05/20 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わりばし。:

« ぐうたらの週末。 | トップページ | 君は伊達三郎を知っているか。 »