« ここはどこでせう。 | トップページ | 『瞼の母』@加藤泰 »

2006/05/07

鉛温泉藤三旅館

20060507_
楽しかったGWの旅行も終わってしまいました。我が家は夫婦そろって休みをとれるのが休日しかないので、連休は大切なお出かけ日なのだ。たいていは友人を誘って何人かで出かける事が多いけれど、GWと夏休みだけは夫婦で旅行。行くところも決まっていて(あれこれ決めるのが面倒くさい)、今年も岩手は花巻の鉛温泉
『藤三旅館』

ここには年に一度は行っているけれど、行くたびに宿の様子が変わっている。従業員もごっそり変わっている。若いコばかりの年があれば、急に年齢が高くなった年もあり、今年は若いお兄ちゃんばかりになっていた。それと、新館とは名ばかりだった建物の内装がリニューアルされて、きれいになっていました。お手洗いもやっと近代的になってました。客層も、若い女性連れやカップル、グループが増えていて、宿の雰囲気が全体に変わってきている感じ。値段も上がったけど、まぁ、温泉旅館が生き残っていくために、これはこれでいいことだと思います。肝心のお風呂にはほとんど手をつけていないからね。4つの源泉を持ち湯量も豊富。常に新鮮なお湯を楽しめるっていうのは本当の贅沢だと思います。気持ちよかった。

初日は遠野に立ち寄り。初めて行ったので、タクシーでまわりました。『遠野物語』くらいは読んでしっかり下調べして行けば面白いだろうなーって思います(私は未読)。いたるところ歴史だらけ。
今年は桜が遅めで、いつもはGWの後半には葉桜になっている北上展勝地の桜がまだ残っていたのはラッキーでした。ここも初めて行ったけれど、北上川沿いの桜のトンネルが見事。

写真は藤三旅館の階段。歴史を感じさせる漆塗り。

|

« ここはどこでせう。 | トップページ | 『瞼の母』@加藤泰 »

コメント

こんにちは、お邪魔します。松田と申します。
鉛温泉は私の地元にある温泉場です。ここは白猿の湯という立ってはいるお風呂が有名ですが、ご利用になりましたか?(白いお猿さんが入浴していたという伝説があります)
ただ女性専用時間帯はあるんですが、男性専用の時間帯はないんですよね。
自分は男なので、すこし恥ずかしくて入ったことはないのですが、良い温泉だと人気ですよ。

投稿: ■温泉旅館の経営者が教える旅館選び■の松田 | 2006/09/20 08:51

松田さま、はじめまして。コメント、ありがとうございました。

藤三旅館はお気に入りの旅館でして、毎年一度は訪ねています。もちろん!「白猿の湯」にも入ります。
ここのお湯は、体の芯から温まる、とてもいいお湯だと思います。肌にあたる感じが気持ちいいのだ。

松田さんのHPも見せていただきました。なんと!台温泉で旅館を経営なさっているんですね。台温泉には一度泊まった事があります。何という旅館だったかは忘れちゃいました(^^)。
山の中の静かな温泉で、のんびりするにはいい所だなーと思いました。お湯もよかったです。

投稿: あやこ | 2006/09/22 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛温泉藤三旅館:

« ここはどこでせう。 | トップページ | 『瞼の母』@加藤泰 »