« 『炎上』@市川雷蔵 | トップページ | 以心伝心。 »

2006/04/04

ふたたびお花見。

20060404_a_
今日のお昼は恒例の会社のお花見。会社がとってくれたお弁当と飲み物を持って近くの愛宕山へ行く。先週は年度末でお花見どころではなかったので、月が変わったばかりの今日って事になったんだけれど、幹事たちはずーっと「花が散って葉桜見物になるかもー」と不安顔だった。ところが、先週後半の寒さのせいか、花はなかなか散らず(今年の桜は長持ち!)愛宕山の桜はまだまだ見頃。ぱぁっと風が吹くと花吹雪。これはこれで気持ちがいい。お天気もよくて汗ばむくらいの陽気だった。日ざしをあびたせいか、何だかからだがぼーっとする。

帰宅後、いろいろやることはあるんだけれど、録画していた『あの試走車を狙え』を見てしまう。 1967年、大映。監督:森一生、主演:田宮二郎。新車販売、大手タクシー会社からの受注と、競争にしのぎをけずる自動車会社のおはなし。CS放送もネタ切れなのか、いろーんな所から聞いたこともないような映画やドラマを探し出して放送してくれるのでうれしい。これもビデオになってない。監督が森一生で、田宮二郎主演の大映映画といえば、今の私は見るしかなかろう(笑)。田宮二郎、かっこいー。

そのあと、これまた録画したままだった『座頭市血煙り街道』も見る。これも、監督が三隅研次で、カメラが牧浦地志だったら見るしかなかろう。三隅研次の撮る座頭市はスマートなんだよねー。おもしろかった。途中で夫が帰ってきて「もう、映画ばっかりみて!バカになるぞ!」と怒られる。わはは。二人でぼんやり見ながら「こういうチャンバラのある映画やドラマって、今はもうないよなぁ」としみじみ。「座頭市の殺陣ってアクションなんだよね」とも。雷蔵の殺陣は「型」「様式」なんである。どっちがいい悪いじゃないけれど、座頭市が当時大いに受けた理由がわかるような気がする。

|

« 『炎上』@市川雷蔵 | トップページ | 以心伝心。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびお花見。:

« 『炎上』@市川雷蔵 | トップページ | 以心伝心。 »