« これからまた煩悩の日々(笑)。 | トップページ | 狂四郎ざんまい。 »

2006/03/11

花くらべ狸道中@市川雷蔵

20060311_
今日もお仕事。月末、月初と必要最低限の仕事しかできなかったので、なかなか片づかない。6時をまわったところでキリがないとあきらめ、同じく仕事だった夫に連絡して秋葉原で待ち合わせ。夕食前にヨドバシカメラに寄って、雷蔵の『花くらべ狸道中』と『ある殺し屋の鍵』のDVDを買う。いずれCSでも放送するだろうから、それを待てばよさそうなものだけれど、録画したのと画質が違うんだもん。

『花くらべ狸道中』はその昔、各映画会社が所属スタアを総動員して作った「狸御殿もの」なる和製「狸」オペレッタの中の一本。この映画は1961年制作で、市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子ってところが出ています。
狸界征服をねらう江戸文福党の野望を阻止すべく、阿波徳島党の首領が狸の国の大王選挙に立候補。文福党の放った刺客の刃に倒れてしまった阿波徳島党の首領の身代わりとして雷吉(雷蔵)と新助(勝新)が弥次・喜多に化けて江戸へ下ることになりました。東海道を行く二人(二匹)を、文福党党首の娘、きぬた(中田康子)が狙い、また雷吉を慕う「たより」ちゃん(若尾文子)は二人の後を追い・・・と、お気楽な娯楽作品です。お正月に合わせて公開されたそうなんで、家族みんなで見に行ったんでしょうね。

市川雷蔵はこういう抜けたような明るい娯楽映画にも沢山出ていて(明朗時代劇とかいうらしい)、なんだかもー本当に不思議な人であります。この映画でも宝塚真っ青の白い羽をひらひらさせて、たよりちゃんと踊るシーンはあるわ(最後は鳥のように羽をバタバタさせながら去っていく)、勝新演じる喜多さんと♪ポンコポコポコ♪と歌うわ踊るわ大サービス。どういう状況にあっても、どういう格好をしても(狸の時は髪が金髪なのだ)雷蔵はピンと背筋をのばしたキリリとした二枚目なのは変わりませんけど。
この映画、『大菩薩峠』の第二巻と完結編の間に作られたようで、あの虚無の闇に落ちていく机竜之介とのギャップが・・・(笑)。文福党の刺客が黒の着流しの浪人姿で、どうみても机龍之介。『大菩薩峠』では、放れ駒の黒紋付きの着流し姿ですが、こちらでは狸の黒紋付き。その刺客を前に雷蔵と勝新は抱き合ってブルブル。こういうお遊びも楽しいし、チープでかわいいセットに、やたら豪華でモダンな衣装。『不知火検校』に出る前の、まだ白塗り二枚目の勝新の怪演(怪ダンス)もスゴイです(言葉がない)。
どういう役であれ、仕事となればキレイにこなしてしまう雷蔵の懐の深さに感心してしまいました。机龍之介の後が狸だよ(くどいけど)。

それにしても若尾文子はかわいい。

|

« これからまた煩悩の日々(笑)。 | トップページ | 狂四郎ざんまい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花くらべ狸道中@市川雷蔵:

« これからまた煩悩の日々(笑)。 | トップページ | 狂四郎ざんまい。 »