« 本日休業 | トップページ | 飲みに行ったと思えば安いもの。 »

2006/02/28

あぁ、世間が狭くなる(笑)。

小6の姪っ子はジャニーズの何とかっていうグループの何とかっていう男の子のファンだそーだ。義妹の家の台所に『明星』があったのでペラペラとページをめくってみた。出ている芸能人(・・・というか子供)の顔すら見たことがない。ほとんどが小学生、中学生、高校生ってところじゃなかろーか。この中だと二十歳越えるともうジジィだな。なんつーか、外国の雑誌をみているようだ。わかったのはスマップのメンバーだけ(笑)。

普段から市川雷蔵がかっこいいとか、若尾文子がかわいいとかゆーている生活なので、今、人気のある俳優すら知らないんだけどさ。義妹から「タケノウチユタカがさ・・・」と言われて無言になってしまった私なのである。顔が思い浮かばない(泣)。

ここしばらくブログにアップしたのを見ていると、介護と(雷蔵の)映画の事しか書いてないやん。義母が退院して今日でちょうど2週間だけれど、遊びに行くことも飲みに行くこともできないので今の唯一の楽しみは自宅で映画を見ることなのだ。あぁ、世間が狭くなる(笑)。
でも、こういう事がなければ一昔(二昔か)前の映画(それも邦画)なんて見ることはなかっただろう。こんな映画があったのかぁ、こんな監督いたのかぁ、こういう時代があったのかぁと新鮮な驚き。レベル高いもの。

映画の好みっていうのは個人的なもので、私が好きでも他の人には面白くもなんともないかもしれない。そこがまた楽しいところなんですが。「これいい!」っていう映画や俳優を見つけた時のうれしさっていったらない。

んで。本日は雷蔵の『薄桜記』を見たあと、CSで溝口健二の『祇園囃子』。これはよかった。デビュー間もない若尾文子の初々しさ、女の色香たっぷりの木暮実千代の美しさ、それになんといっても浪速千栄子のやり手ぶり!ついでに録画してあった勝新の『悪名 縄張り荒らし』も見ちゃう。キャストが豪華。杉村春子まで出てきた。

|

« 本日休業 | トップページ | 飲みに行ったと思えば安いもの。 »

コメント

そんなに昔の日本映画に詳しい訳じゃないですけど、
昔の俳優さんって大人っぽいですよねぇ。
『薄桜記』の雷蔵さんが28歳かぁ。
別に、韓流スターのファンじゃありませんが、「ヨン様」と「キムタク」が同い年って聞くと、韓国の俳優の方が、大人だなぁと思います。
ガキっぽいのと、「瑞々しい」のとは違いますよねぇ。

投稿: きょうこ | 2006/03/01 01:08

>>「ヨン様」と「キムタク」が同い年って聞くと、韓国の俳優の方が、大人だなぁと思います。

へー。そうなんだ。
ちょっと調べてみたら、キムタクって33歳なんですね。
市川雷蔵が33歳の時はもう眠狂四郎を撮ってました。亡くなる4年前で大映の大看板。身を削るように映画に出てました。

今の俳優と比べて昔の俳優はずーっと大人だと思います。私が昔にばかり目がいってしまうのはそのせいかも。

投稿: あやこ | 2006/03/02 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、世間が狭くなる(笑)。:

« 本日休業 | トップページ | 飲みに行ったと思えば安いもの。 »