« 沢渡温泉日帰り旅行 | トップページ | 久々に本屋さんへ行って・・・ »

2006/02/05

今の私はテレビっ子。(今月のCS放送)

「CSばっかり見てると時間なんてアッという間に過ぎてしまうなー」というのが、最近の我が家の会話。今夜も『蒲田行進曲』をやっていて、夕食を食べながら見る。角川春樹製作の松竹映画で中身は東映というヘンな映画。『蒲田行進曲』じゃなくて『太秦行進曲』だろうがっ!と夫婦でつっこみながら楽しく見る。映画らしいウソ満載。松坂慶子がイヤんなるくらい美しい。最後の階段落ちのシーンは火がぼうぼう燃えていて、いかにも東映って感じ。
そのあと『寅さん』みて、『名探偵ポアロ』を途中から見るともう夜中だ。

昼前には『シャーロック・ホームズの冒険』、12時からはTVの前にきちんと正座して(笑)『眠狂四郎炎情剣』。眠狂四郎は回を重ねるごとに馴染んでくるというか、狂四郎と雷蔵が重なってくる。今回は女あり、ちゃんばらあり、キザなセリフ満載で満足まんぞく。抵抗する女(中村玉緒)には「女を犯すことは慣れている男だと観念されるがいい」と言い、これから剣を交えようとする相手には「俺の顔に照り映える月の光が、お主、この世の見納めだぞ」と言う。他の人がいうとナルシストの色気じじぃになるところが、雷蔵だと、「はぁぁ。おっしゃる通りでございます」となっちゃうんだなぁ。
ちなみに雷蔵の部屋のカラスのふすま絵は、『大菩薩峠』に出てきた背景と同じ(なのか似ているのか。監督が同じ三隅研次だし)。あんな真っ黒カラスがバサバサうじゃうじゃしている部屋だと落ち着いて寝てもいられんぞ(笑)。狂四郎の部屋らしくていいなーと思いました。

今月は『溝口健二』の特集もある。
溝口健二って、小津安、黒沢明と同等の監督だと思うんだけれど、今ではもう忘れられつつある監督なのか・・・。夕方から『西鶴一代女』をやっていた。でもこれを見ちゃうと晩ごはんが作れなくなるのでがまん。今夜は明け方に『浪華悲歌』をやるのでこれは録画。私が初めて見た溝口健二はこの映画なのだ。筋とかはほとんど忘れてしまったけれど、山田五十鈴の顔だけは記憶に残っていますです。未見の『赤線地帯』が楽しみ。

今月は田宮二郎の『犬っシリーズ』の後編も放送中。先月、前編を見たけれど、主役の田宮二郎が最高にオシャレでかっこいいのはもちろん、まだ痩せていた天知茂がヨレヨレのコートに帽子を被った、ちょっと冴えない刑事役で(コロンボは、この天知茂を真似したんじゃないかと思うぞ)、いいんだなぁ。坂本スミ子をはじめ脇役が冴えてる映画です。

・・・てなわけで、最近はすっかりテレビっ子となってしまった。あぁ、もう寝る時間だぁ。

|

« 沢渡温泉日帰り旅行 | トップページ | 久々に本屋さんへ行って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の私はテレビっ子。(今月のCS放送):

« 沢渡温泉日帰り旅行 | トップページ | 久々に本屋さんへ行って・・・ »