« 久々に飲みに行ったのだ。 | トップページ | 久しぶりに「竜馬」に行って、それから・・・ »

2006/01/24

ついに自宅介護突入!

なんと。義母が退院することになってしまった。年始めにした内視鏡を使っての手術がうまくいって、食事もできるようになり、点滴も外れ、様態も安定しているので、「今の状態なら自宅でもみられますから」と主治医から話があったのが先週のこと。安定しているといっても、よくはなっていないので、「帰るなら今のうち」って事なのだ。しかし・・・
すでに寝たきり2ヶ月。完全に寝たきりの状態で退院するので、つまり「退院=自宅介護に突入」ってこと。ぐわー。ついにきたか。正直いって今の気持ちは『ヨカッタ1/4、困ったなー1/4、不安1/2』ってとこ。
在宅ワーク中の義妹が主にみてくれることになりそうだけれど、かといって私も知らんぷりはできず、二人でタッグを組んで看ることになる。さっそく病院の医療相談室とやらにかけこみ介護保険の事をきく。

介護保険は申請してから認定が出るまで1ヶ月くらいかかる。でも申請した時点で暫定的に利用はできるそうだ。まずは申請しないとお話しにならないので、先週、区役所に介護保険の申請に行ってきた。そして今日は認定士の人に病院にきてもらって認定試験。
介護保険で介護ベットや必要なものを借りたり購入したりできるし、ヘルパーさんや訪問看護師の人を頼む事ができる。義母の状態だとヘルパーさんも毎日きてもらえそう。
で。一番の不安はお下の世話である。きれい事じゃないよねー。大人のウンチは臭いし。

とにかく昼間、義妹と電話で話して「長生きする人の方を優先しよう」と話がまとまった。私たちの方が参ってしまっては話にならん。
でも当分の間は温泉旅行もお預けかも・・・。えーん。

|

« 久々に飲みに行ったのだ。 | トップページ | 久しぶりに「竜馬」に行って、それから・・・ »

コメント

まずは、ご退院決定おめでとうございます。

でも、これからも大変ですねぇ。
昨年、実家に90になる伯母が居候していて、私も時間がある時に手伝いに行ってました。
要介護3で、食事に起きてくる程度はなんとかなる伯母の世話でも、思ってた以上に手がかかりました。

大変でも、先がある程度読める子育てと違って、
介護はまったくわからないのが辛いですねぇ。
介護保険、結構色々な使い方があるみたいですね。
大舅さんをみている友人の所は、おむつ換えだけにヘルパーさんに来てもらってるそうです。
すっと玄関から入ってきて、さっとおむつを取り替えると、
またすっと帰って行って、家族とは特別に挨拶も交わさないのだと聞いてびっくりしたけど、
毎日、何回もとなるとそんなものかもしれませんね。

悔いが残らないように、といって生活が破壊されないように、
上手く乗り切って…
介護が軌道に乗って、ショートステイに行ってもらってる間に、介護者は骨休めに近場の温泉くらい行けるくらいに早くなると良いですね。(無責任な言い方みたいですみません)

投稿: きょうこ | 2006/01/24 21:41

きょうこさん、ありがとう。
義母は結局「要介護4」となりました。重症なぶん、いろいろサービスを受けられるので家族の負担は思っていたより少なくてすみそうです。でもやっぱりねぇ。いろいろ考えると気が重い(^^)。

自宅で仕事をしている義妹が中心になって看てくれる予定ですが、何から何までまかせてしまうと彼女が参ってしまうので、私も協力しなきゃ。

>>大舅さんをみている友人の所は、おむつ換えだけにヘルパーさんに来てもらってるそうです。

さっそく義妹にも「こういう使い方もあるんだよ」と報告しました。
介護サービスにはいろーんな使い方があるんですね。

投稿: あやこ | 2006/01/29 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに自宅介護突入!:

« 久々に飲みに行ったのだ。 | トップページ | 久しぶりに「竜馬」に行って、それから・・・ »