« それで人生変わったか? | トップページ | お疲れぢゃ。 »

2005/12/24

蕎草舎@亀有

20051224_
そろそろ年越しそばが話題になる季節。最近私が通っている蕎麦屋は亀有の『蕎草舎』。亀有には他に有名な蕎麦屋があるらしいんだけど、そちらは未訪。
蕎草舎はお肉屋さん、八百屋さん、花屋さんにお菓子屋さん、パチンコ、カラオケ、飲み屋に純喫茶・・・といろいろな店が並ぶ懐かしい空気のする商店街の中にある。店主はまだ30代とおぼしき若い男性で、店内は土間風に改装したよう。でも色が変わったテーブル席の椅子や使い込まれたせいろに歴史を感じます。
せいろは二段と三段があって、それぞれ600円、800円って値段がうれしい。お蕎麦はさっぱりとした細切りで喉ごしを楽しむっていうのは、こういうお蕎麦の事をいうんだろうな。つゆは関西人の私からいうと辛め(=しょっぱい)。それがほんの少し。薬味は白いおネギと唐辛子。まぁこれが、実に気持ちよく食べられるお蕎麦なのだ。そば湯も美味。
他にもメニューはいろいろあるけれど、私のイチオシは「そばがゆ」。蕎麦の実を鴨だしでたいたおかゆで、細かい賽の目切りにした鴨肉と椎茸が少し入っている。これが何ともいえないおいしさで、体の芯から温まる。小さな椀に入った小盛りが100円。私がいつも頼むのは、せいろ二段に「そばがゆ」の小。これで700円。そば湯とそばがゆで外に出ても体はほくほく。
私は行った事がないけれど、なんだかんだとやたらとウンチクがうるさくて、せいろ一枚に千円以上して、その分量が少ないっていう店はどんなもんかなぁと思います。所詮蕎麦は蕎麦。普通の値段で好きな時にふらっと寄れるのが蕎麦屋のいいところじゃないかなー。
夫婦二人でやっているようで、ちょっと混むと出てくるまで少し時間がかかるのはご容赦。

|

« それで人生変わったか? | トップページ | お疲れぢゃ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎草舎@亀有:

« それで人生変わったか? | トップページ | お疲れぢゃ。 »