« 本を読むこと。 | トップページ | また寅さんの話ですが・・・ »

2005/11/05

寅さん映画の楽しみ

今日もいい天気。朝から洗濯機を3回まわして、ベランダは満艦飾。
今日から一泊二日で社員旅行だったんだけれど、私は事情があって不参加。紅葉がきれいだろうなぁ。お天気の事を心配していた幹事さんも一安心なんじゃないかな。
私もどっかにお出かけしたいところだけれど、夫はさっさと秩父宮へラグビー観戦に行ってしまうし、私はおうちで洗濯しながらあれこれ。ま、いっか。

週末になるとCSやBSで寅さん映画をやるので、それが楽しみ。昔は面白くも何ともなかったのに、この歳になってみると面白いんだよねー。
「くだらなーい」といいながら夫婦でゲラゲラ笑って見ているのだ。渥美清を見ていると、この人の芸達者ぶりに見とれちゃうし、下品にならないところで踏みとどまっているバランスが気持ちいい。気持ちと気持ちがふれあう時に、寅さんがみせる表情がすばらしい。

それとですねー。
中に出てくる鉄道の風景がいいのだ。それも今では廃線になってしまったような地方の超ローカル線や、とっくの昔に廃車となってしまった古い機関車や客車もバンバン出てくる。「どこかなぁ」と目を凝らしながら見るのも楽しみ。

3日にCSで放送された『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』では、居眠りから目覚めた寅さんが地元の高校生と駅のホームでふざけ合うシーンがあった。駅名標が見えたので夫と読み上げる。「あ・そ・づ・る・・・あそづる、麻生釣ぅぅぅ?」と大騒ぎ。
これは20年前に廃止となった宮原線(みやのはるせん)の麻生釣駅なのだ!
去年の夏、宮原線の廃線跡探訪に出かけるも、麻生釣駅跡だけは見つける事ができなかったのだ。近くまでは行ったんだけれど、藪に阻まれて先に進むことができず。ネットで確認するとホームだけは残っているらしい。後はもうすっかり自然に帰っているそうな。
映画の中の麻生釣駅は広々とした高原の中の、風が気持ちよさそうな駅だった。

去年行った宮原線廃線跡探訪記はココに。

|

« 本を読むこと。 | トップページ | また寅さんの話ですが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寅さん映画の楽しみ:

« 本を読むこと。 | トップページ | また寅さんの話ですが・・・ »