« 秩父宮ラグビー場 | トップページ | 寅さん映画の楽しみ »

2005/11/04

本を読むこと。

今日はポカポカ暖かな1日だった。眠い。
昨日行った秋葉原のヨドバシカメラには階上に大きな書店がある。(タワーレコードもレストラン街もある)
試しに寄ってみたらなかなかいい感じ。こういう大きな書店では地元の書店にないような、ちょっとマイナーな文庫本などをチェック。・・・というわけで、市川雷蔵の『雷蔵、雷蔵を語る』(朝日文庫)とフレドリック・ブラウン『天使と宇宙船』(創元SF文庫)を見つける。わーい。
フレドリック・ブラウンの文庫本は高校時代にたくさん読んで、この本も読んだ記憶はある。懐かしさもあって買ってしまいました。
若い頃に読んだ本をまた読むっていうのは、何なんですかねー。私も年取ったって事ですかねー。

今日の日経『春秋』にも取り上げられていたけれど、静岡で女子高生が母親に毒を飲ませた事件、私もワイドショーで彼女が「ファーブル昆虫記を読んでいた」とまるでそれが彼女の行動に大きな影響を与えたような事を言っていたのが気になっていた。
なぜ彼女がそんな事をしたのか、その原因を探るのはいいけれど、安易に答を求めるのは危険だと思う。そもそも「ファーブル昆虫記」を読んだ事があれば、それと今回の事件をつなげるような発想は出てこないと思うけど。もし彼女が他の本、江戸川乱歩なんて読んでいたら、そのせいにするのかね。

本は自分で考える力を与えてくれるですよ。それが悪いことだっていうのなら仕方ないけど(^^)。

|

« 秩父宮ラグビー場 | トップページ | 寅さん映画の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本を読むこと。:

« 秩父宮ラグビー場 | トップページ | 寅さん映画の楽しみ »