« ごちそうさま。 | トップページ | 日比谷公園にて。 »

2005/11/08

お昼ごはん。

20051108_
秋田美人I嬢と、いつも楽しいH嬢の3人で、今日のお昼ごはんは外へ食べに行く。数日前、TVで「ごはんのおいしい店」を紹介していて、その中の一軒が会社の近くだったのだ。番組ではランチもやっているって事だったので、ならば行ってみようと出かけたんだけれど・・・やってないやん。
そうなると次はどこへ行こうか悩んでしまう。まわりには食べる所に困らないくらいいろいろな店が並んでいるんだけれど、お腹はすっかり「炊きたてごはん」になっていたので、今さら修正がきかないのだ。
「何食べたい?」「うーん」

H嬢の案内でパスタを食べに行くことにした。てくてく歩いていくと、最近オープンしたような見た事のない店を発見。タイレストランとある。なんとなーく興味をひかれたので、ここでタイ料理に変更。

私はタイ料理なんて食べた事がない。フォーとかいう白い麺はインスタントの「アジア麺」とかで食べたことがあるくらい。もともとお腹が強くないので、あまり突拍子のない物を食べるとお腹が大変な事になってしまうのだ。

ランチメニューは4つあって、私は豚肉と野菜の辛いカレー(みたいなの)を頼んだ。それに麺スープ(フォーっていうやつなんですかね)とタピオカ入りココナッツミルクがついて950円。
薬味が入った小瓶が4つ出てきて、これでスープを好みの味にするそーな。お店の人の進言に従って、お酢とナンプラーを入れたら、あら不思議、とってもおいしくなりました。

辛かったので汗をかきかき食べた。結構おいしかった。でもいつまでも口の中にペタッと残る独特の味があって、会社に戻って仕事を始めても、なんだか自分がにおう感じ。タイの人は毎日こんなの食べてるんかー。
台湾に行った時は、屋台の食事でも、高級ホテルの食事でも、何を食べても感じる共通した味があった。友人に言わせるとハッカクじゃないかという。

外国人が日本にきて日本料理を食べたら、どれにも醤油の味を感じてしまうのかなぁ。

|

« ごちそうさま。 | トップページ | 日比谷公園にて。 »

コメント

いーですね。おいしいタイ料理。
タイの麺は原料が米のと小麦の(ラーメンみたいな)とが多く見られました。
米のは太さにより、センミーとかセンヤイとかいう名称になっています(フォーはベトナムの米麺ですね)。
http://www.thailandtravel.or.jp/gourme/thaifood02.html

元のだしはあっさりしていて、そこに辛いのやら酸っぱいのやら甘いのやら足していくのが流儀みたいです。
先日初めてバンコクへ行って、思ったほど辛くなくて安心したのですが、多少辛いものであっても、酸・甜・鹹でバランスを取るのだなと改めて認識させられました。

投稿: 筋鉄I | 2005/11/10 12:47

毎日はちょっとイヤだけど、たまーにならいいかなぁと思いました>タイ料理
自分で好みの味付けにするっていうのが面白いですよね。一緒に食べに行った同僚と「タイにも一度は行ってみたい」という話になりました。

ありがたい事に会社の近くにはこの手の料理屋さんがいろいろあって、昼食には困りません。でも気が付くといつも同じものばかり食べているんですけどねー。

投稿: あやこ | 2005/11/13 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼ごはん。:

« ごちそうさま。 | トップページ | 日比谷公園にて。 »